スマホで見つける、もっと可愛い私

Instant Xで花火文字・光文字を撮影しよう♡アプリで簡単にエモい写真に

Instant Xで花火文字・光文字を撮影しよう♡アプリで簡単にエモい写真に

皆さんこんにちはさきコンです!

夏は花火を楽しむ人が多いのではないでしょうか。

花火をやるときにぜひ撮影してほしいのが、花火文字の写真!

ト

手持ちの花火で文字を書いて写真を撮ると、最高にエモい写真になりますよ♡

今回は、こんな風に花火文字を書いて撮影するやり方をご紹介します!

画像加工の記事一覧

アプリを使って花火文字を撮影しよう♡

ではさっそく、花火文字の書き方をご紹介していきます!

使うアプリはInstant Xです♪

《花火文字のやり方》バルブ撮影

花火文字は指定した時間内の光の軌跡を記録できるバルブ撮影で撮れます。

そしてそれができるアプリが「Instant X」なんです!

ト

まずmode(モード)ボタンを押してバルブ撮影を選択します

ト

シャッターボタンを押すと撮影開始!この間に、手持ちの花火で文字を書きましょう!

シャッターボタンの上にある虹色のスクロールバーで、撮影時間を設定できます。撮影されている間、手ブレは禁物!!!!だから長くしすぎると失敗しやすいです。

文字なんてすぐ書けるので、そんなに長くなくていいと思います!5秒くらいに設定するのが私のおすすめです。

POINT撮影時間は5秒を目安に短めに設定し、ササッと文字を書くべし!

《花火文字のやり方》一筆書きがポイント!

花火文字を書くときに、もう1つ重要なポイントは一筆書きすること!!!!

何回も書くとごちゃごちゃになってしまうので、一回書き終わったらその場でストップしてください(笑)

もし撮影時間が余ってしまったら、文字が書けた段階でスマホのシャッターボタンをもう一度押しましょう。そこで撮影が終了するので、うまく仕上がるということが研究の結果分かりました!!

POINT綺麗に撮るなら一筆書きがベター。撮影時間が余ったら、もう一度シャッターを押してすぐに撮影を止めるべし!

成功するとこんな感じになります♡

花火文字の完成度をさらに上げるポイント♡

花火文字は、ちょっと工夫するとさらに可愛い写真になるんです♡

ポイントを教えちゃいますよ!

《花火文字のポイント》文字を書いたあと余計な動きをしない

撮影されている間はすべての光の軌跡が記録されてしまうので、花火を動かす人が余計な動きをしないことが成功のカギ!!!

手ブレもよくないので、可能ならばスマホスタンドなどで固定するのがベター。

書き終わったら「はい動かないで!」って言わないと余計な光がぴろろろ~んってなって…

こんな感じになってしまいます(笑)

POINT花火文字を書いた後は動かない!手ブレも禁物なのでできればスマホスタンドを使うべし

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。