検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

iOS10のシャッター爆音をOFFにする裏技【Assistive Touch】

iOS10のシャッター爆音をOFFにする裏技【Assistive Touch】

iOS10にアップデートしてウッホホーイ!とスクリーンショットを撮ったら、シャッター音がめちゃくちゃ大きくなっているではないか。そうとは知らずに電車内でいらん注目を浴びてしまうハメに…(´・ω・`)。
アプデホヤホヤのiPhone、おそろしい子…!今回は、設定ひとつで写真撮影のシャッター音やスクリーンショットの撮影音を消音にする方法をご紹介します。

AssistiveTouchで無音撮影できるように設定しよう!

AssistiveTouchとは、iPhoneやiPad、iPod touchの操作を、画面上に表示された丸いボタンが行ってくれる機能です。

デフォルトではオフになっていますが、自分好みにカスタマイズするとiPhoneがさらに使いやすくなる便利ボタンです。今回の記事では、このAssistiveTouchに「消音」の役割を与えて、タップするだけでシャッター音を消す方法をご紹介します。

それではさっそく設定してみましょう!

(1) 設定アプリの「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」を開きます。

iPhone端末のシャッター音を消す方法

(2) AssistiveTouchをオンにしたら「最上位メニューをカスタマイズ…」をタップします。

「〇個のアイコン」と表示されているところの「-」をタップしていって、「カスタム」ひとつだけが表示されるようにします。

iPhone端末のシャッター音を消す方法2

(3) 「カスタム」をタップすると割り当てメニューが表示されます。その中の「消音」にチェックを入れたら「完了」を押します。

これでめでたく、AssistiveTouchボタンに消音機能が割り当てられました。

iPhone端末のシャッター音を消す方法3

不要なときはAssistiveTouchボタンを表示しないように設定

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ショートカット」にAssistiveTouchをセットしておくと、いつでもホームボタンをトリプルクリックするだけでAssistive Touchボタンを出したり消したり、自在に操れるようになります。

AssistiveTouchボタン消す方法

ナウ!レッツ撮影!

カメラを起動して、ホームボタンを3回クリック。AssistiveTouchボタンが出たらタップして消音モードにします。そのまま撮影してみてください。ほら、あの超うるさかったシャッター音がしなくなりましたよね!スクリーンショットにも使えますよ。

シャッター音が消えました
写っていませんがAssistiveTouchは白っぽくて丸いボタンです。

筆者は以前、ホームボタンが効かなくなったときにAssistiveTouchで代用していました。今は消音の役割を見事に果たしてくれています。まさにナイスアシスト!公共の場所ではもちろん、子どもやペットの寝顔の撮影まで役立ちまくりです。

デメリットは、消音モードにしっぱなしだとメールやLINEなどの通知バイブが鳴らなくなること。ここだけご注意くださいね。

また、シャッター音は本来盗撮等の防止のためについているもの。この裏技は、撮影音が鳴ってしまうことがマナーとして良くない場所などでの利用に留めましょうね。

※2016年10月28日追記。むしろ悲報。

10月25日未明にリリースされたiOS10.1から、上記のシャッター音を無音にする裏技が無効になってしまいました。そうとは知らずにアップデートした筆者のiPhoneは、今日も元気にバシャア!バシャア!とスクリーンショットの度に鳴いています。

この裏技を引き続き使いたい場合は、アップデートを控えることをおすすめします。

TomokoTomoko
電車やレストランで「バシャア!!」と聞こえると「ああ、あの人、10にアプデしたんだな」と思ってしまう今日この頃です。よそ様のiOSのバージョンを見分けられるのは…、いらない使いみちですねw


この記事に関するキーワード