logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

全バトルをクリアするのは不可能!?高難易度のタワーディフェンス!
PR

全バトルをクリアするのは不可能!?高難易度のタワーディフェンス!

カワイイ見た目&世界観。そんなビジュアルとは裏腹に他のタワーディフェンス以上に、頭を駆使する戦略系タワーディフェンスゲーム。それが「クレイジー・キング」です!

タワーディフェンスにカードにRPGと要素盛りすぎ!

クレイジー・キング」はタワーディフェンスRPGです。

これまで異なる種族同士が平和に共存していた世界に、突如として争いを持ち込んだミノ王率いるミノ軍。プレイヤーは、その争いに終止符を打つ「戦いを止める王」になるためバトルを繰り広げていきます。

クレイジー・キング

そんな本作の面白さは「とにかく頭を使うゲームルール」。「タワーディフェンス」をベースにして「カード」や「RPG」など他ジャンルの要素をそれぞれ取り入れたことで、ものすごく戦略性が高いゲームになっています。

クレイジー・キング

さらに、バトルをクリアするごとに段々と広がっていくフィールドが、世界の広さを実感できて没入感もとても高し。

「クレイジー・キング」のココが気になる!

タマゴみたいなキャラクターがかわいい

小さくてタマゴみたいなカワイイ見た目のキャラクター(但し、目つきは悪い)。そして、どことなく街づくり系のシミュレーションゲームが始まりそうな雰囲気のフィールド。

クレイジー・キング

ゲーム性(詳しくは後述)とのギャップがとても激しいですが、キャラクターがかわいいだけにとっつきやすさは抜群かも…?

頭を駆使する超戦略的バトル

キャラのかわいさとは真逆に、ゲーム性はがっつり戦略要素が満載で、とにかく頭を使うタワーディフェンスバトルです。

バトルの大まかな流れはざっくりと「カードの装備」→「カードの配置」→「敵との攻防」の3ステップ。

クレイジー・キング

ここで、カギとなるのがカードの存在。バトルでは、手持ちのカードがプレイヤーの基本的な戦力となります。カードには、トラップや戦闘キャラ、さらに攻撃拠点の3タイプがあり、バトルが始まる前に手持ちのカードを、敵の侵入ルートを見極めながらマップ上に配置していきます。

クレイジー・キング

配置が完了したら「バトル開始」をタップ。すると敵がワラワラやってきてバトルスタートです。一旦バトルが始まるとリアルタイムで進行していくので、戦況を見つつさらにカードを最適な場所に配置して戦いましょう。

つまり、一般的なタワーディフェンスのように手持ちの戦力をどんどん出撃させているだけでバトルを制するのはとても難しく、「どのタイミングで、どこに」といったプレイヤーの「戦略的思考力」が試されるゲームとなっているのです。

「クレイジー・キング」の全クリは、不可能!?

クレイジー・キング」は、見た目とゲーム性のギャップにかなりインパクトがあるゲームでした。そして、AppStoreのアプリページを見ていると下記のような煽り文句が…。

クレイジー・キング

どうもゲームメーカー曰く、かなり難易度が高いゲームのようで、頭を酷使する戦略系ゲームが好きな人オススメです。

トモトモ

この記事のライター
トモトモ
「最後までクリアは多分ムリ!!」と煽られれば、ゲーム好きとしては燃えてきますね。ここは、ちょっと全クリ目指すべく本気を出しちゃいますか。