logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

想像の5倍くらい喋ってます!金銀財宝を愛する女の子とレッツ!ホリホリ~!【おしゃべり!ホリジョ!】

想像の5倍くらい喋ってます!金銀財宝を愛する女の子とレッツ!ホリホリ~!【おしゃべり!ホリジョ!】

お喋り大好きな穴掘り少女”アナ・ホリスキー”が金銀財宝を集めるカジュアルゲーム「おしゃべり!ホリジョ!」がシンプルに楽しめてオススメです!掘っていくにつれて楽しさが増していく、簡単操作の掘削ゲーム。アナちゃんも可愛いし、みんなでレッツ!ホリホリ~!

育て方が結構大事!なんやかんやでバランスが重要!!

おしゃべり!ホリジョ!

「おしゃべり!ホリジョ!」はその名の通りお喋りで穴掘りが大好きな女の子、アナ・ホリスキーちゃんのゲームです。

おしゃべり!ホリジョ!

こんな感じでドリルを使って穴掘りをします。

おしゃべり!ホリジョ!

自称・考古学者兼トレジャーハンターのアナちゃんですが、今回の目的はお宝!

おしゃべり!ホリジョ!

お宝を地上に持って帰ればお金になる!!やったね!

おしゃべり!ホリジョ!

すごく保存状態のいい化石を見つけても目もくれません。考古学者なのに。

最初はカーゴと燃料タンクを強化しよう!

カーゴは採掘した宝石を地上まで運べる量を強化し、燃料タンクは活動限界を伸ばしてくれます。まずカーゴと燃料タンクを両方レベル5くらいにすることを目標にするといいかもしれません。

おしゃべり!ホリジョ!

その後育てるべきなのは冷却装置です!

地下深くなると地熱やらなんやらでドリルがオーバーヒートを起こし、故障してしまいます。故障するとペナルティがあるので、冷却装置をきちんと育てて、深い地層でも活動できるように備えましょう!

おしゃべり!ホリジョ!

執筆時現在の筆者のステータスはこんな感じです。これでも2000mくらいまで潜って、カーゴをいっぱいにして、地上まで帰るという往復が限界です。もっと深くまであるので、なかなか奥が深いゲームです。

おしゃべり!ホリジョ!

300mとかまで普通に潜れるようになってくると、大きな岩がたくさん出てくるようになるので、ドリルやエンジンが故障しやすくなります。そういうタイミングでドリル・エンジンも強化するようにしましょう。

育て方のまとめ

ということで、次はオススメの掘り方です!

下へ下へ!ひたすら下へ!あみだくじみたいに掘ろう!!

まず「おしゃべり!ホリジョ!」は同じマップを継続して採掘できるシステムになっています。

つまり、何回にも分けてそのマップを掘り尽くすことができるのです。

おしゃべり!ホリジョ!
“MAP”ボタンをタップするとマップが表示されます。

初めて採掘するマップは最初真っ暗です。

おしゃべり!ホリジョ!

アナちゃんを中心に半径2マス分だけそこに何があるのかを知覚できるようになります。

これを利用して、何回も同じマップに挑むことで、あの名作ゲーム「勇者のくせになまいきだ。」みたいにダンジョンを掘っていく、という楽しみ方ができるんです!

そして、採掘の効率と、ダンジョンみたいにしたい!という欲求の狭間で筆者が編み出した採掘法がコレです!

おしゃべり!ホリジョ!

基本的にまっすぐ縦に掘って行き、隣接したマスと、そこにつながったマスの宝石だけを採掘する。というものです。

おしゃべり!ホリジョ!

つまり、こういうことです。

これより先にレアな鉱石があろうと、まずはこのルールを遵守して自分の往復の限界まで掘り進めます。そして1つ限界まで掘れたら、その穴から5マス横をまた同じように掘っていきます。

おしゃべり!ホリジョ!
マップ上の茶色の部分が掘ったところです。

それを何度も繰り返したマップがこちらです。めっちゃダンジョンっぽい!!

この掘り方をすると多くの宝石を採掘できて、なおかつダンジョンを作ってるみたいで楽しいです。やっていただければわかるのですが、この掘り方だと掘り残しがほとんど出ません。

あと、帰り一本道なので楽です。既に道ができているので、無計画に掘っていって帰りにエンジンが故障する、なんてことも起こりません。

特に序盤はかなり効果的な掘り方だと思いますので、是非試してみてください!

金があれば「キンピカ!」「元素記号はAu!」などとリアクション。何もなければ「何もなーい」とリアクション。そんなずっと喋ってるアナちゃんが活躍するゲーム「おしゃべり!ホリジョ!」のご紹介でした。チェックよろしくお願いします!

ポッポ

この記事のライター
ポッポ
凄く懐かしい雰囲気のゲームで、BGMもずっと喋ってるアナちゃんも、やり込むことでどんどん面白くなっていくシステムも、かなりいいです!ただ、本当にアナちゃん喋りすぎです。

この記事に関するキーワード