logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

ウイルスに感染!?怪しげな表示が出たときの対処法

ウイルスに感染!?怪しげな表示が出たときの対処法

動画サイトやアダルトサイト、出会い系サイトなどにアクセスしたら、突然「ウイルスに感染しました」や「専用のアプリをインストールしてください」などの表示が出たことはありませんか?でも、この時点ではウイルスに感染していないことがほとんど。落ち着いて対処をしていきましょう。

関連記事:ワンクリック詐欺に注意!

悪質な「ウイルスに感染した」という詐欺表示。

まず、このような表示が出て誘導されたアプリをインストールしてしまうと、本当にウイルスに感染してしまったり、個人情報を抜き取られたりすることがありますので、ひたすら、無視してください。ポップアップが閉じられない場合は、端末のバックキーか、アプリ内のホームボタン(家のマーク)で戻ってみてくださいね!

詐欺

この表示はウイルスに感染したという嘘をついてセキュリティアプリ(または個人情報を抜き取るだけのセキュリティアプリの偽物)をインストールさせようとする詐欺表示です。

画面には機種名や個体識別番号が表示されることがありますが、これは乗っ取られたりしていなくても、殆どのブラウザでカンタンに取得できる情報です。例えば、アプリやWEBサイトに問い合わせをするときにも、自動的に取得されていたりしますよね。ここから個人を特定することはできないので、無視をするのがおすすめです。

個人情報は自分で入力しなければ安全!

本当に抜き取られて怖いのはメールアドレス・電話番号等の個人情報、クレジットカードの番号、電話帳のデータなどです。これらは自分から入力をしなければ、この手の詐欺表示からはほとんど漏れることはありませんので絶対に入力しないようにしましょう。

偽物と本物を見分ける基準

このような表示は、Googleの表示に似せていたり等、パッと見ではわからないこともあります。よく見て判断しましょう。これで完璧とはいきませんが、見分けるポイントをご紹介します。

ロゴをよく確認する

例で挙げている画像のGoogleロゴも、よく見るとなんだかおかしいですよね。これは偽物のロゴです。

きれいな日本語かどうか確認する

このような表示の多くは海外で作られています。日本語が不自由な部分があったら疑いましょう。

詐欺

ページのURLを確認する

今回は「Google」の偽物ロゴが出ていますね。でもURLはどうでしょうか。

詐欺

「http://aclean.pw/・・・」という得体の知れないURLになっています。もし本物のGoogleだったら「https://www.google.co.jp/」や「https://www.google.com/」などになっているはずです。

詐欺表示が出てしまったときの対処法

まずは何もせずに表示を閉じましょう。その際に、サイト上の「閉じる」「キャンセル」等を押すのではなく、端末付属の戻るボタンやホームボタン、ブラウザ標準の閉じるボタンなどで閉じるのが大切です。

何度閉じても表示されてしまう場合

悪質なものは、閉じても閉じても表示されてしまうことがあります。その場合、悪質な広告をキャッシュしてしまっている場合があるので、ブラウザのCookie削除、キャッシュ削除を試しましょう。

また、ブックマークや閲覧履歴も削除するのがオススメです。

Clipbox(クリップボックス)のブラウザ上でこのような表示が出てしまったら…

このような詐欺表示は、標準ブラウザだけでなく、アプリのブラウザ上でも遭遇することがあります。

例えば、Clipboxを使っていて、上記のような状態になってしまったら、まずはブラウザを閉じましょう。何度もこの表示が出てしまったり、心配な場合は、Clipboxの”強制終了”と”データ消去”を試してみましょう。

悪質サイトから料金を請求された場合は、①ひたすら無視、②個人情報を教えない、③サイトを閉じるの三つが重要です!この基本を忘れずに、落ち着いて対処していきましょう。



この記事に関するキーワード