logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【コミュ編】

デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【コミュ編】

デレステとミリシタは何が違うのか(全然違うだろ!というツッコミは置いておいて)両作品を「コミュ」「音ゲー」「その他」と複数回にわたって比べてみたいと思います。第一弾は、アイドルとの触れ合いに外せない要素「コミュ」を比較。題して「デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【コミュ編】」です。さっそく両者のコミュを比べてみましょう。

関連:デレステ記事一覧ミリシタ記事一覧

デレステとミリシタにおける「コミュ」とは?

コミュとは、コミュニケーションの略です。デレステ及びミリシタともに、ゲーム中の「コミュ」メニューからアイドルとコミュニケーションを図ることができます。

このコミュ、進めてアイドルと仲良くなることで親愛度を高めたり、LIVE楽曲が解放されたり、プロデューサーレベルを上げることができるため、ゲームを進める際に欠かせない要素なのです。

関連:ミリシタ初心者解説【コミュ編】

デレステとミリシタで最も違うポイント

まず、デレステとミリシタとの最大の違い。それは「次元」です。

デレステにおける「コミュ」は、2Dで描かれたイラスト調のキャラクターが登場。

デレステコミュ
デレステ

対してミリシタは、3Dで描かれたリアルなキャラクターがヌルヌル動く動く!

ミリシタコミュ
ミリシタ

デレステの温かみのあるアニメチックなビジュアルとミリシタの家庭用ゲーム機版「アイマス」シリーズ張りにヌルヌル動く(これホントにスマホゲー?)リアリスティックなビジュアル。ここが決定的に異なります。

デレステとミリシタでコミュは何種類ある?

遊べる「コミュ」の種類はいくつ存在するのか? ここではコミュの種類をそれぞれ比べてみましょう。

デレステの場合

デレステの「コミュ」は、大きく4種類、合計5種類で構成されています。

ミリシタの場合

ミリシタの「コミュ」は、大きく下記4種、合計8種類で構成されています。

※イベント未開催のためゲーム内では未実装です。

まとめ

総括すると、デレステは非常にシンプルなコミュの構成になっています。さらに、ホーム画面のメニューからもコミュにアクセスしやすいため、遊びやすいです。

デレステコミュ
デレステ

対してミリシタは、コミュの種類が多く細分化されておりデレステにはないコミュ「衣装エピソード」も存在します。また、コミュ以外での「劇場」でのアイドルたちとの触れ合い(詳細は後述)も特徴的です。

ミリシタコミュ
ミリシタ

種類ではミリシタの方が多く、様々な観点からアイドルとのコミュが楽しめそうですね。

第1話で両者の違いを見比べてみよう

次は、それぞれのメインストーリーである「ストーリーコミュ 第1話」と「メインコミュ 第1話」からコミュの細かな演出や印象を比較してみましょう。

【デレステ】第1話「Stage, We Climb the Stairs」

コミュの内容

デレステストーリーコミュ

島村卯月(しまむらうづき)本田未央(ほんだみお)渋谷凛(しぶやりん)の3人は、事務所内に用意された特設ステージでライブを行うことになりました。まずは、準備も兼ねて千川ちひろ(せんかわちひろ)に事務所内を案内してもらうことに…。

デレステコミュのポイント

このストーリーコミュから筆者が挙げたいコミュの特徴は、大きく下記の3つ。

  • 「?」や「汗マーク」といったキャラクターの喜怒哀楽が分かりやすい表現
  • 話しているキャラクターが明るくなるなど視認性の高い演出
  • コミュ内でのシステムメニューは「戻る・スキップ・オート・ログ・非表示」の5種類

デレステは、アニメや漫画の表現技法を駆使した視認性の高いコミュ演出を楽しむことができます。また、システムメニューから直前の会話シーンにいつでも「戻る」ことができるため、気になったシーンやもう一度見たい場面を即座に何度も楽しめる点も注目です。

【ミリシタ】第1話「いちばん大事なこと」

コミュの内容
ミリシタストーリーコミュ

春日未来(かすがみらい)がセンターに抜擢!

しかし、突然の抜擢にテンパる未来。「センターって何をすればいいのか?」先輩アイドルに聞いてセンターの役割を考えてみることに…。

ミリシタコミュのポイント

このメインコミュから筆者が挙げたいコミュの特徴は、大きく下記5つ。

  • 立ち位置によって変化するキャラクターの姿勢や顔の向き
  • ボタンをタップしたときのエフェクトが派手
  • ポスターなど背景の作り込みが細かい
  • 1話の中でも「プロローグ」「メイン」「エピローグ」と分割されている
  • コミュ内でのシステムメニューは「スキップ・ログ・非表示」の3種類

ミリシタは3Dの特性を活かしたリアリティの高いコミュ演出がされていますね。筆者としてはキャラクターの立ち位置によって向きや姿勢が変わる点をその最たるポイントとして挙げたいです。また、デレステと比較してボタンをタップしたときのエフェクトなどがより派手になっている点にも注目です。

コミュ以外のコミュ要素「劇場」

「コミュ」とカテゴリーされるもの以外に、プレイヤーのアイドルプロデュース活動において実質的にコミュ要素といっても過言ではないのが、ミリシタの「劇場」です。

ミリシタで舞台となる劇場には、プレイヤーがいつでも自由に出入りできます。中に入ってみると…お姫ちんを発見! タップして話をしてみましょう(アイドルはカード所持に関係なく登場し、吹き出しマークが出ているアイドルとは話すことができます)

ミリシタ劇場

アイドルがハマっているモノや考えていることなど、色々な話を聞くことができます。またここで触れ合うと、ステージ衣装やアイドルとの親愛度、そしてプロデューサーポイントが増加することがあるのです。

ミリシタ劇場

劇場内は複数のエリアに分かれていて往来が可能。

ミリシタ劇場遷移

ミリシタの場合、この劇場での触れ合いも「メインコミュ」を進める際に必須なため、ここもほぼコミュの1種と考えて良いでしょう。

【まとめ】アイドルとの触れ合いが充実しているのはどっちか?

以上、複数の観点から両作品のコミュ要素をざっと見てみました。ここまでの両作品のコミュの特徴をざっくりまとめると下記の通りです。

「デレステ」コミュの特徴

  • 2D
  • シンプルでわかりやすいコミュの種類構成
  • アニメや漫画の表現技法を用いた視認性の高いコミュ演出

「ミリシタ」コミュの特徴

  • 3D
  • 「衣装エピソード」コミュが存在
  • 「劇場」などのゲーム全体にまたがるコミュ要素
  • 3Dを活かしたリアリティの高いコミュ演出

後発作品ならではのコミュ充実度

で、結局どっちのコミュ要素が充実しているのか?

前提として、2Dと3Dでの好みの違いもあります。また、この記事では両作品からコミュ要素だけをバッサリ切り取って比べているので「そもそも登場アイドルが違う!」といった点は考慮していません。その辺りは予めご了承ください。

それを踏まえたうえでの結論。コミュの充実度は、コミュ種類の多さや「劇場」といったコミュ以外でのゲーム全体にまたがる要素があること、さらに、コミュ内でのキャラクターの一挙手一投足をリアルに見てとれる演出などの点から、後発のミリシタに軍配が上がると筆者は感じました。

次回は「デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【音ゲー編】」を公開予定です!

関連:デレステ記事一覧ミリシタ記事一覧
トモトモ

この記事のライター
トモトモ
勝手にデレステとミリシタを比較して勝敗つけて、色んなとこから怒られないか若干ガクブルの筆者です。でもコミュ要素を1つとってみても両者にかなり違いがあって面白いですね!