logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【音ゲー編】

デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【音ゲー編】

デレステとミリシタは何が違うのか。両作品を「コミュ」「音ゲー」「その他」と複数回にわたって比べてみたいと思います。第二弾は、アイドルの魅せ場な音ゲー要素「LIVE」と「ライブ」を比較。題して「デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【音ゲー編】」です。ではでは、両者を見ていきましょう。

第一弾はこちら:デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【コミュ編】

関連:デレステ記事一覧ミリシタ記事一覧

デレステ「LIVE」 or ミリシタ「ライブ」って何?

デレステでの「LIVE」、ミリシタでの「ライブ」は、アイドルたちの歌と踊りによるパフォーマンスを魅せるパートのことです。

両ゲームともリズムゲームになっており、楽曲に合わせて流れるリズムアイコンをタイミングよくタップすることで、スコアを獲得しつつライブを進めることができます。

関連:ミリシタ初心者解説【音ゲー編】

デレステ&ミリシタにおける音ゲー的特徴

「LIVE」及び「ライブ」パートの流れは「楽曲選択」→「パフォーマンス」→「結果表示」の3ステップ。ルールは、リズムアイコンをタップするタイミングを外すとライフが減少してしまい、ライフがゼロになるとゲームオーバーです。この2点は両者ともほぼ同じです。

それでは、両者の「LIVE」と「ライブ」それぞれの特徴を挙げてみましょう。

デレステの場合

デレステ音ゲーパート

  • 「スタミナ」消費と「リハーサルチケット」使用の2つの方法でLIVEを遊べる
  • リズムアイコンはタップ・ロングタップ・フリックなどの複数パターンが存在
  • 難易度は全5種類(DEBUT/REGULAR/PRO/MASTER/※MASTER+)
  • 動作設定は2D軽量から3Dリッチまでの全5パターン(2D×2パターン・3D×3パターン)
  • LIVE設定は、ライン間隔など細かく調整可能

※プレイに条件あり

デレステは、ライン間隔などが設定できるため、プレイヤーごとにハイスコアが出しやすい環境を整えることができます。また、LIVEを遊ぶ方法として「スタミナ」と「リハーサルチケット」の2種類が用意されていますが、リハーサルチケットで遊ぶ場合には、報酬が何も貰えない点も特徴的ですね(すなわち、正真正銘のリハーサル)

ミリシタの場合

ミリシタ音ゲーパート

  • スマホ縦画面で遊べる「ソロライブ」を搭載
  • 「元気」消費と「ライブチケット」使用の2つの方法でライブを遊べる
  • リズムアイコンに、上向きフリックが新登場
  • リズムアイコンの落下スピードが変化する(通称:ソフラン)要素の追加
  • 難易度はソロライブ2種類(2MIX/2MIX+)とユニットライブ4種類(2MIX/4MIX/6MIX/Million Max)の計6種類
  • 動作設定は、2Dから3D高画質までの全5パターン(2D×1パターン・3D×4パターン)存在

ミリシタでは、リズムアイコンのパターンとしてデレステにはなかった上向きフリックが新たに追加されています。また、ライブを遊ぶ方法として用意されている「元気」と「ライブチケット」どちらで遊んでも報酬が貰える点に注目です(遊ぶ方法による報酬の差はあります)

特筆すべきは「ソロライブ」モードの搭載

デレステとミリシタの決定的な違いとして特筆すべきはミリシタの「ソロライブ」モードの存在です。

デレステ音ゲーソロ

特に推しアイドルが単独でいる場合、画面いっぱいにその華麗なパフォーマンスを堪能できるためオススメですね。

【私見】デレステとミリシタ、音ゲーとして難しいのはどっち?

次に気になるのは「音ゲーとしてどっちが難しいのか?」ですよね? 音ゲーは一般的に、ユーザーがタップするタイミングの精度によってランクが判定され、そのランクを基にスコアが随時加算されていきます。つまり、精度判定がよりシビアでスコアが出しにくい方が、音ゲーとしての難易度が高いと考えられます。

では、デレステとミリシタ、それぞれのタップ精度判定基準から難易度を比べてみましょう。

デレステのタップ精度判定基準

まず、デレステの判定基準が以下の5通りです。

※コンボが発生するのは、GREAT以上を連続して出せた場合。
※BAD・MISSの場合はライフが減少。

ミリシタのタップ精度判定基準

対するミリシタの判定基準は、下記の6通りとなります。

※コンボが発生するのは、GOOD以上を連続して出せた場合。
※FAST・SLOW・MISSの場合はライフが減少。

まとめ

デレステでは、5種類の判定基準が存在し上位2種類までの判定を連続して出すとコンボが発動。また、下位2種類の判定を出した場合にはライフが減少。

ミリシタは、6種類の判定基準が存在。そのうち上位3種類までの判定を連続して出せばコンボが発動。さらに、下位3種類の判定を出してしまうとライフが減少。

これらの事を総合して考えてみます…。ライフが減少せずにハイスコアを狙う(つまりコンボを発動させる)とすると、デレステでは3種類のうち上位2種類を常に出さないといけない。対してミリシタでは、3種類のうちどれを常に出してもコンボはつながる。この条件だけを考慮するとデレステの方が音ゲーとしての難易度は高いのか…?

えっと、かなりザックリ(ランクによるコンボ加算の差を考慮していなかったり)していますが、以上のことから筆者はデレステの方が難易度が高いと思います(いつかちゃんと数値を算出して比較してみたい…)

【まとめ】音ゲーとして楽しめるのはどっちなのか?

大きく2つの観点から両者を見てきましたが「音ゲーとして楽しめるのはどっちなのか」という点から考えると結論は…

デレステ

  • スコア判定とコンボ加算の基準が厳しめ
  • 音ゲーとして細かく環境設定ができる
  • 遊ぶ方法によって報酬の有無がある

ハイスコアを目指したい音ゲーマーなタイプの人は「デレステ」がオススメ。

ミリシタ

  • スコア判定とコンボ加算の基準が易しめ
  • ライブの演出面に関する設定が細かくできる
  • ライブを遊べば何かしら報酬がもらえる

アイドルたちのパフォーマンスを見て楽しみたい人は「ミリシタ」がオススメです。

つまり、音ゲーとして楽しめるのは、ずばりデレステだと筆者は結論付けたいと思います。

次回は「デレステとミリシタは何が違う?デレステVSミリシタ比較!【その他編】」を公開予定です!

関連:デレステ記事一覧ミリシタ記事一覧
トモトモ

この記事のライター
トモトモ
ミリシタ、ようやく筆者の推しキャラ(高槻やよい&箱崎星梨花)がガシャで出てきてくれました! いやー何回引いても出てこなかったから落ち込んでた時期もあったけど、とにかく出てきてくれてよかったよかった。