『かわいい』が生まれる場所。

名刺管理アプリEight(エイト)とWantedly Peopleを比較。おすすめはどっち?
PR

名刺管理アプリEight(エイト)とWantedly Peopleを比較。おすすめはどっち?

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

名刺を管理できるアプリは数あれど、ある時からEight一強みたいな雰囲気ありましたよね。その後、Wantedly People(ウォンテッドリーピープル)が登場し、こちらも人気が出ています。この2つをしばらく併用し、それぞれの特徴をまとめてみました。

名刺読み取りの性能

Eightの名刺読み取り性能

Eightで名刺をスキャン(撮影)する際は1枚ずつです。セミナーやイベント等で同時に沢山の人と名刺交換したときはちょっとだけめんどくさいです。

ただし、Eightの特徴のひとつとして、オペレーターが名刺のデータ入力をしてくれるという点があります。そのため、データはかなり正確です。

名刺管理アプリEightのスキャン画面
撮影は1枚・片面ずつ。

人力で入力される点のデメリットは、反映までに時間がかかること。以前と比べると早くなってきていますが、それでも1~2日はかかってしまいます。

また、Eightでは、今まで貯めこんでいた名刺をまとめてスキャンできるどこでもスキャンというサービスも行っています。Eight専用高速スキャナが設置されたスキャンスポットに箱やファイルごと名刺を持っていってスキャンするも良し、有料ですが出張スキャンしに来てもらうも良し、です。

Wantedly Peopleの名刺読み取り機能

Wantedly PeopleがEightに勝っているな~と思うのは、一度に複数枚を読み取れること。そのアニメーションもかっこいいです。初めてアプリを触ったときに、多分ここに力入れたんだなって思いました。

Wantedly peopleの名刺スキャン画面
名刺を見つけると、カラフルな○が。

ただし、あくまでも「自動読み取り」なので、精度は完璧ではなく、手作業で修正する必要がでてくることがあります。(何度か読み取ることで直ることもありますけどね)

読み取り機能比較

  • 時間がかかっても正確にデータを押さえたいならEight
  • 入力はざっくりでもスピード重視ならWantedly People

登録データ一覧のデザイン・UI

Eightのデザイン

こちらがEightの連絡先一覧画面です。「ネットワーク」という名前になっています。

Eightの連絡先一覧画面

並び替えは、名前順・会社名順・交換月順の3種類が可能です。

画像の左側が「名前順」、右側が「会社名順」に並び替えたところです。

名前順にしたときにサムネイルとして名刺の画像が表示されていますが、これはあんまり意味ないかなと思っています…EightはFacebookと連携することができ、個人のページまで行けば顔写真が見れるのですが、顔写真が一覧に出ていた方がわかりやすいかな~と感じます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。