logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【画面録画】iPhoneの画面を動画で撮影できるようになったよ!動画キャプチャは色々便利!!【iOS11】

【画面録画】iPhoneの画面を動画で撮影できるようになったよ!動画キャプチャは色々便利!!【iOS11】

iOS11では、画面のスクリーンショットだけでなく、動画でキャプチャ(収録)出来ちゃいます!もちろんマイクから音声を拾いたい場合の設定もできるので、これからはiPhoneが1台あるだけでゲーム実況動画も撮れちゃいますよ!!

関連記事:iOS11変更点・新機能まとめ

アップデートしたけど……どこから画面収録ってできるの?

iPhoneを使っている方で既にiOS11にされた方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?恐らくそんなに多くないと思いますが、熱心なリンゴ信者はすぐさまアップデートして粗さがs……デバッグ作業に勤しみます。

たくさんの新機能があった中でも、この記事では画面収録についてご紹介していきたいと思います。

画面収録のやり方がわからない!

iOS11にアップデートすると、見た目が結構変わっていることに気が付くと思います。

iPhoneをiOS11にアプデすると動画でスクショができます。

例えば画面の底辺を上にスワイプすると出てくる「コントロールセンター」ですが、iOS11ではデザインが一新され、1つの画面でこれまでコントロールセンターでできたことを全てできるようになっています。これは便利ですよね!ページを変えるのって結構手間なんですよね。

こんな感じでとにかく、見た目がかわったなぁ、と思うことがたくさんあります。しかし見た目が変わっても基本的な操作方法は同じで、追加要素って感じはあまりないです。ですので、情報として“動画で画面をキャプチャできる”と知っていても、どのようにすればそれができるのかは見当もつきません。

iPhoneをiOS11にアプデすると動画でスクショができます。

見当がつかないので、とりあえずホームボタンと電源ボタンを同時長押ししてみたり、2度押ししてみたり、「設定」から「カメラ」に行って探してみたり色々やってみましたが、見つかりません。

なんでここだけ分かり辛いんだよ!なんか腹立つ!!

いや、こんな気持ちになるのはオレ1人で十分だ……ッ!

という意気込みのもと、色々試行錯誤していると、アプトピの編集長に「コントロールセンターから出来るっぽいよ~」と教えてもらいました。普通の人ならすぐにググるだろうから、こんな気持ちになるのは最初からオレだけですね。

iOS11にアプデしたiPhoneで画面収録するために必要な手順

iPhoneをiOS11にアプデすると動画でスクショができます。

まずは、「設定」をタップし、コントロールセンターへ。

iPhoneをiOS11にアプデすると動画でスクショができます。

「コントロールをカスタマイズ」をタップすると、

iPhoneをiOS11にアプデすると動画でスクショができます。

Walletや拡大鏡などと共に、画面収録の文字があります。左側の+をタップすれば……。

iPhoneをiOS11にアプデすると動画でスクショができます。

コントロールセンターに先ほどまでなかった「画面収録」のアイコンが追加されています!このアイコンをタップすれば、画面収録が始まります。

一度設定してしまえば後はコントロールセンターを開くだけでワンタッチで収録が出来てます。

iPhoneをiOS11にアプデすると動画でスクショができます。

画面収録のアイコンを長押しすると、このような画面に変わります。オーディオマイクのボタンがオレンジ色に染まっている場合は、外部の音声を拾ってしまうので気をつけてください!

実際にゲームプレイ動画を撮ってみました。まぁフツーにこんな感じだよなって感じの動画です。

ひっさびさにデレステを起動して、ニュージェネレーションの「流れ星キセキ」をプレイしました。

こんな感じの何の変哲もないプレイ動画ですが、尺の編集以外ノータッチでこれが録画できます。さらにマイクを入れればコメント入りで実況プレイできます。ただ、BGMは抑えないと声が弱くなっちゃうので、実況プレイするときは音量を下げる事をお勧めします。

こんな感じで、スクフェスのロード中にキャラを連打して遊んでいる動画を撮って、いつでも見られるようにしておくのも良いですね。

こんな風に早すぎて読めないローディング画面の1コママンガを録画してゆっくり読むのにも使えますね!


画面収録の機能は、ゲームの実況以外にもアプリの使い方を誰かに教えてあげる時などに便利ですね。皆さん活用してみてくださいね!!

関連記事:iOS11変更点・新機能まとめ
ポッポ

この記事のライター
ポッポ
画面収録の機能のセットアップの仕方を画面収録を使って説明出来ないという故事成語にありそうなエピソードが実際に降りかかってきて、あぁ貴重な体験だなぁって思いました。

この記事に関するキーワード