logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【藤咲えりさん・YOFFYさん・アマガイタローさん】 豪華制作陣・キャストさんに見る、レジェンヌの魅力【インタビュー】(1/3)

【藤咲えりさん・YOFFYさん・アマガイタローさん】 豪華制作陣・キャストさんに見る、レジェンヌの魅力【インタビュー】(1/3)

レジェンヌのリリースから1ヶ月。皆さん楽しんでますか? 実は私、リリースに先駆けて、北咲彪凛役の元タカラジェンヌ藤咲えり様、レジェンヌの楽曲制作を一手に担うYOFFY様、そしてキャラクターデザインを担当されたアマガイタロー様と会って話を聞かせてもらっちゃいました♡ こんな幸福を独り占めするわけにはいかないので、ぜひ分かち合いましょう! ひなこさんが全力で撮った皆さんの素顔もチェックしてみてくださいね。

※記事中では敬称を省略させていただいている箇所があります

どの方もリスペクト必至! 超一流のプロフェッショナル

本当に、レジェンヌというゲームが素晴らしい方々によって生み出されたのか心から理解できたインタビューでした。リリース後にゲームをプレイしたら、もう本当にどこを取っても隙がないなぁと唸ってしまったんですが、その完成度も当たり前。
その道のプロフェッショナルが、愛情込めて仕事をしたものが完成度高くないわけないんです。

では、軽く皆様がどのような一流の人々なのかをご紹介いたしますね。
(本当はこの紹介だけでも語りつくせますけど……)

藤咲えりさん

北咲彪凛役の藤咲えりさん

宝塚歌劇団(宙組娘役)のご出身で、レジェンヌでは北咲彪凛をご担当です。ゲームをプレイした方ならその素晴らしい歌声はもう知っていますよね? 多くの元タカラジェンヌを起用しているレジェンヌの平田プロデューサーが「藤咲さんの歌声を前にしたら、僕はダメ出しできない!(それほど素晴らしい)」と仰るくらいの歌唱力の持ち主です。

YOFFYさん

レジェンヌの楽曲担当YOFFYさん

デカレンジャー、ボウケンジャー、シンケンジャー……日曜朝の戦隊もので育った良い子に「サイキックラバー」は欠かせないですよね。そう、サイキックラバーのボーカルこそYOFFYさんです! レジェンヌでは、全楽曲の作曲と作詞を手がけています。あの疾走感とあふれるパワーを、レジェンヌの公演曲の中にも感じますよね。

アマガイタローさん

レジェンヌのメインイメージ

アマガイタローさんはイラストレーターでいらっしゃいます。レジェンヌのキャラクターデザインをご担当です。ソーシャルゲームのキャラクターイラストや、ライトノベルの挿絵など、活動は多岐にわたります。どの子もかわいいという奇跡! けれど、やっぱり私のベスト・オブ・アマガイタローさんはレジェンヌのビースターたちです♡

すごい方々だというのはお分かりいただけましたでしょうか。
このほかに、プロデューサーの平田裕介様、ライター兼コンセプトプロデューサーの梅田京様もご同席頂きました。お2人には前回の取材でじっくりお話を聞かせていただいています。

関連記事

前回もですが、今回もますます豪華な方々に取材をさせて頂ける私(取材経験たった1回)の極度の緊張もご理解いただいた上で、ようやくインタビューの内容に入ります。

レジェンヌスタッフの取材シーン

彪凛ちゃん≒ダイソン!?

取材も2回目ということで幾分気は楽だなぁと思っていた私。大間違いでした。前回の取材でも美人に囲まれると弱い面を見せた私が、藤咲えりさんという美しいなんて言葉では表現できない美しさを持った方を前に、カチコチにならないわけがないですよね!

藤咲えり
写真でも十分ですが、実際にお会いすると100倍以上美しいです

圧倒的美しさを前に、つい段取りとか忘れて北咲彪凛役の藤咲様からお話を伺うことにしました。

まさみ:藤咲さんの感じた彪凛ちゃんのチャームポイントを”1つだけ”教えていただけますか?

レジェンヌのきたさきあかり
出典:レジェンヌ公式サイト

藤咲さん:1つだけ……そうですね、最初に頂いたお話では「かっこいいキャラで」ということだったのですが、演じて一番感じたのは、彼女の持つ包容力でした。

まさみ:包容力…と言いますと?

藤咲さん:はい、みんなを受け止めてあげられる大きさと言ったほうが分かりやすいかもしれません。予科生も本科生もひっくるめて、みんなを受け止めてあげられる…そんな女の子だと思います。

まさみ:思わず付いていきたくなっちゃうような感じですかね。

藤咲さん:そうですね、カリスマ性というか……予科生にとってもプレイヤーにとっても、ぽっと吸い込まれちゃうようなかっこいい、吸引力のある女の子でいたいです。

まさみ:吸引力……ダイソンのような、力強さを持っているってことですかね?

掃除機のイメージイラスト
こちらはイメージ図です

YOFFYさん:吸引力の変わらない(笑)

平田P:彪凛は一味違うという意味ではある種正しいですね、ダイソン。

YOFFYさん:ダイソンのような包容力のあるキャラ(笑)

梅田さん:何でも受け止められる、何でも吸い込む……でもダイソンたぶん包容力じゃないですよね?(笑)

レジェンヌコンセプトディレクターの梅田京
笑ってくださる優しい梅田さん(こちらも美人)

平田P:パワーがいつまでも落ちない(笑)

まさみ:あっ、私の言ったダイソンって結構合ってました??(←調子乗り)

平田P:(こっちが一生懸命フォローしているところに)自分でフォローし始めないでください(笑)

まさみ:あっすみません(皆さんの包容力ダイソン並だ!)彪凛の話に戻して……

藤咲さん:そうですね! 彪凛は、最初、キレッキレの強さでと指示を受けたんですよ。

元タカラジェンヌの藤咲えりさん

まさみ:強いキャラクターなんですか?

藤咲さん:そうです。けれど、それは自分が前に出ようとしている強さじゃなくて、元から強さがあったうえでの(精神的な)大きさみたいなところを強く感じました。だから、そこを出していこうと。

まさみ:強いからこそ、自分が前に出る必要がないみたいな感じですかね。

藤咲さん:そうですね。そういった彪凛ちゃんの特長を、見た方に一瞬で分かってもらえたらいいなと思いながら演じました。

平田P:彪凛自身、自分の特長を分かっていないというか……自分の持つ能力に無自覚な面がありますからね。

梅田さん:結構スター性が強いんですよ。周りとちょっと違う。

平田P:自分が売れてるってことにあまり頓着してないんですけど、事実を見ると彪凛は売れてた。でも、それより自分のやりたいことを、とレスパスに入団する。”スター性”が強く、自分の能力に頓着しない彪凛ならではですね。

まさみ:じゃあ彪凛ちゃんがきりっとして見えるのは、スター性のなせる業なんですね。そういえば、キャラクターの見え方についてアマガイタローさんにお聞きしたいんですけど…

シナリオより前、すでに”物語”は動き始めていた。アマガイタローさんの作ったレジェンヌの礎

まさみ:シナリオライターであり、コンセプトプロデューサーである梅田さんがチームに入るずっと前に、キャラクターデザインをされたとお伺いしました。話の筋がない状態でのデザインは苦労されたのでは?

アマガイタローさん:いえ、そうでもないですよ。「キャラ同士の関係性」を考えていると、自然とキャラの個性が生まれてくるんです。

まさみ:関係性……と言いますと?

レジェンヌキャラクターの和音ちゃんと凪緒ちゃん
出典:レジェンヌ公式サイト

アマガイタローさん:例えば和音と凪緒なら、日常会話でボケとツッコミを割り振るならどっちかな、とか。なな瀬とましろなら、きっとお姉さまとそれに憧れる下級生だ!とか。彪凛の場合なら、成績優秀でみんなから憧れられてる存在だろうから、一番目立つポジションで、一番のスタァになるなとか、そんなことを考えながらデザインしました。

まさみ:なるほど、彪凛は生まれたときからのスタァだったんですね!

アマガイタローさん: はい、そんな考えていたことがデザインに乗っかっていって、その後シナリオが入って関係性が変わったところもありますが、ほんのわずかです。最初にデザインした時の感覚は一貫して残ってます。

まさみ: そうなんですか! 話の筋のない状態でのデザインって難しいんじゃ…と思ってたんですが、むしろアマガイタローさんのデザインがあったからこそ、レジェンヌのシナリオは生まれたのかもしれませんね。

アマガイタローさん: きっと僕の妄想が間違っていなかったんでしょうね(笑)

一同:(笑)

アマガイタローさん: そんな風に、それぞれのメンバーの関係性を考えつつデザインをしていきました。特に本科生については先輩=生徒会っていうイメージがあって、それぞれが仮に生徒会のメンバーだったら、きっと百がボケで彪凛がつっこんで、なな瀬がちょっと離れたポジションから静かに物を言うとか、そんな感じですね。

まさみ:予科生の子たちはどうですか?

レジェンヌキャラクターのゆらとはつ飛
出典:レジェンヌ公式サイト

アマガイタローさん: 予科生については友達関係を意識しました。例えば、ゆらとはつ飛は親友同士の設定で考えていたんですよね。ゆらが引っ込み思案だから、それをカバーする友達のはつ飛。はつ飛は明るい子で…等々。

まさみ:なるほど、一貫して関係性を重視していらっしゃったんですね。

アマガイタローさん: そうですね。交友関係からひも解いていくって感じです。それらの感覚は、後からチームに加わっていただいた(シナリオライター兼コンセプトディレクターの)梅田さんとも一致していて、後日改めて梅田さんから正式なキャラ設定があがってきたのですが、全然違和感がなかったです。

まさみ: やっぱり……関係性などをしっかり練って作られたキャラクターが既に存在していれば、自然とキャラやシナリオが動き出すんですね!

梅田さん: ええ、そうですね。アマガイタローさんのデザインのおかげですんなりゲームの世界がイメージできました。

まさみ:やはり戸惑いやギャップはなく?

梅田さん:はい、なかったですね。最初の打ち合わせの時にはまだキャラクターデザインしか見せてもらってない状態で設定を考えていったんです。でも、その初打ち合わせでアマガイタローさんの考えるキャラの芯ときちんとシンクロできていたことには驚きました。アマガイタローさんのデザインの力ですね。

レジェンヌ、初期は今とはゲーム性が違った?

梅田さん:もちろん、シナリオを作るにあたって、細かい肉付けや「全員が主役」というモットーにするという軸を据えたりしましたが、私としては細かい調整を入れただけ、という感覚です。

まさみ:シナリオが後から入るって大変なことなんじゃないかと思っていたんですが、むしろレジェンヌチームの場合、それが自然な流れだったんでしょうか。

梅田さん:ゲームの仕様自体は、本当に二転三転してきたんですが、その中でもアマガイタローさんの生み出したキャラクターたちはずっとそこにいてくれました。それは変わらなかったんです。

まさみ:確かにそこに存在するキャラクター…だから今のような形のレジェンヌが生まれたんですね。ところで、キャラクターの根幹は変わらなかった一方、ゲームはいろいろな部分が変更になったようですが…?

アマガイタローさん:学校・学園という設定は本当に初期にありました。現在は劇団という設定に変わっていますね。あと、初期にはキャラによって属性を与えるって話もあって……

ト

平田P:リズムゲームにするって言うのはあったので、パワータイプ・ジャンプタイプなどありましたね。

アマガイタローさん:この属性が、人間関係を考える上での手がかりでした。

平田P:ただ、リリースされたゲームには属性という要素は盛り込まれていません。みんなが一並び、みんなが主役のゲームにする上では、削るべきだろうと判断しました。

レジェンヌの全キャラクター

まさみ:その”フラット感”はレジェンヌに初めて出会った時から感じていました。とびぬけて目立つ子がいるわけじゃないけど、目立たない子がいるわけでもない。みんなが可愛いと感じましたね。

彪凛ちゃんの魅力から始まって、キャラクターの成り立ち、そして”みんなが主役”であるからこそのフラット感を意識されていることが分かりました。次の記事では楽曲についてを中心にYOFFYさんにお話しいただいています。

>次の記事:【藤咲えりさん・YOFFYさん・アマガイタローさん】 楽曲からも見えてくるレジェンヌの”みんなが主役”の原則【インタビュー】(2/3)
まさみ

この記事のライター
まさみ
藤咲えりさん、事前にブログなどでお顔を拝見させていただいてからお会いしたんですけれど、写真では表現しきれない美しさでした。写真でも十分美しいんですが、実際お会いしたら本当にびっくりしますよ! とても控えめな方という印象で、私のつたない質問にも優しく一生懸命答えてくださいました。お会いしたらファンにならざるを得ないです。見た目だけでなく、誠実そのものの心根から美しい方ですもん。