logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

【iOS11】バッテリーの減りが早い…?バッテリーの持ちをよくさせるために気を付けたいこと

【iOS11】バッテリーの減りが早い…?バッテリーの持ちをよくさせるために気を付けたいこと

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

iOS11にアップデートしてからなんだかバッテリー(充電)の減りが早くなったように感じる人はいませんか?実はそれ設定を見直すことで改善できるんです。iOS11にアップデートした人必見。バッテリーを長持ちさせる方法についてまとめてみました。

関連記事:【随時更新】iOS11の新機能・変更点まとめ

iOS11にしたらまずはここをチェック!設定変更をしよう

iOS11にアップデートした際にバッテリーの減りが早く感じる時は、以下の設定を見直してみてください。従来のiOSでは馴染みのなかったものなのでうっかり見落としているかもしれない重要箇所が何個かありますので、一つずつ確認してみてくださいね。

Wi-Fiの設定を見直す

iOSの変更点をまとめたこちらの記事でも触れていますが、iOS11ではコントロールセンターのみでWi-Fiを完全オフすることができません。そのためiPhoneが勝手にWi-Fi接続しようとしてしまい、余分なバッテリー消費の原因になってしまっている可能性があります。

そんな時は「設定」から「Wi-Fi」をオフにしましょう。

iOS11バッテリー

Bluetoothの設定を見直す

Wi-Fiと同じく、iOS11ではBluetoothもコントロールセンターから完全にオフすることはできなくなりました。こちらも頻繁に使う人以外は、設定からBluetoothをオフにすることをおすすめします。

iOS11バッテリー

画面の明るさの自動調整をオフにする

ディスプレイの明るさの自動調節がオンになっていることもバッテリーの消費が早くなる原因の一つだと考えられます。「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ディスプレイ調整」→「明るさの自動調節」からオフにすることをおすすめします。

iOS11バッテリー

自動調節をオフにしたあとでも、コントロールセンターから簡単に画面の明るさを設定できるようになっています。自動調節はオフにしておいて、画面の明るさ調整が必要なときはコントロールセンターを使うようにしましょう。

iOS11バッテリー

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。