logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【iOS11】バッテリーの減りが早い…?バッテリーの持ちをよくさせるために気を付けたいこと

【iOS11】バッテリーの減りが早い…?バッテリーの持ちをよくさせるために気を付けたいこと

iOS11にアップデートしてからなんだかバッテリー(充電)の減りが早くなったように感じる人はいませんか?実はそれ設定を見直すことで改善できるんです。iOS11にアップデートした人必見。バッテリーを長持ちさせる方法についてまとめてみました。

関連記事:【随時更新】iOS11の新機能・変更点まとめ

iOS11にしたらまずはここをチェック!設定変更をしよう

iOS11にアップデートした際にバッテリーの減りが早く感じる時は、以下の設定を見直してみてください。従来のiOSでは馴染みのなかったものなのでうっかり見落としているかもしれない重要箇所が何個かありますので、一つずつ確認してみてくださいね。

Wi-Fiの設定を見直す

iOSの変更点をまとめたこちらの記事でも触れていますが、iOS11ではコントロールセンターのみでWi-Fiを完全オフすることができません。そのためiPhoneが勝手にWi-Fi接続しようとしてしまい、余分なバッテリー消費の原因になってしまっている可能性があります。

そんな時は「設定」から「Wi-Fi」をオフにしましょう。

iOS11バッテリー

Bluetoothの設定を見直す

Wi-Fiと同じく、iOS11ではBluetoothもコントロールセンターから完全にオフすることはできなくなりました。こちらも頻繁に使う人以外は、設定からBluetoothをオフにすることをおすすめします。

iOS11バッテリー

画面の明るさの自動調整をオフにする

ディスプレイの明るさの自動調節がオンになっていることもバッテリーの消費が早くなる原因の一つだと考えられます。「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ディスプレイ調整」→「明るさの自動調節」からオフにすることをおすすめします。

iOS11バッテリー

自動調節をオフにしたあとでも、コントロールセンターから簡単に画面の明るさを設定できるようになっています。自動調節はオフにしておいて、画面の明るさ調整が必要なときはコントロールセンターを使うようにしましょう。

iOS11バッテリー

【見落とし注意】今までもこれからも気を付けたいiOS重要設定

ここまでiOS11にアップデートした時に、まずチェックしてほしい点をまとめてきました。ここからは従来のiOSと同じくバッテリーを長持ちさせるために確認しておきたいことをまとめてみます。こちらも併せてチェックしてみてください。

低電力モードをオンにする

iPhoneには低電力モードという、バッテリー消費を抑えてくれる機能があります。「設定」→「バッテリー」→「低電力モードをオン」で設定できます。低電力モードがオンになっていると、ステータスバーが黄色くなります。

iPhoneバッテリーを長持ちさせる方法

しかしこの低電力モードをオンにすると使えなくなる機能がいくつかあるので注意しましょう。

  • メールの取得ができなくなる
  • ”Hey Siri”が使えなくなる
  • Appのバックグラウンド更新がとまる
  • 自動ダウンロード・一部のビジュアルエフェクトが削減orオフになる

上記の機能が自動的に使えなくなってしまうので、これらの機能をよく使う人は個別に設定することをおすすめします。

ちなみに、この「低電力モード」はiOS11からコントロールセンターでもオン/オフ切り替えが可能です。よく切り替える人はこちらの記事を見ながら設定しておきましょう。

関連記事:【iOS11】カスタマイズも可能!新しくなったコントロールセンターで使える24の機能を一挙紹介!

位置情報関連の設定を見直す

個人的な体感の話で申し訳ないのですが、この位置情報をオンにしているときが一番バッテリーの持ちが悪い気がします…。地図アプリとか見てるときとか。ですので、必要な時以外は位置情報をオフにしておきましょう。

位置情報のオフは「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」から行えます。

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる

GoogleマップInstagramなどの、位置情報を利用するアプリをよく使う人は、それぞれのアプリごとに位置情報の設定を行うことをおすすめします。
「位置情報サービス」のページを下にスクロールすると、端末にインストールしてあるアプリが一覧で表示されます。位置情報をオンにしたいアプリを選んで設定しましょう。位置情報の利用を「許可しない」「アプリの使用中のみ許可」「常に許可」の3種類から選択できるようになっています。

iPhoneバッテリーを長持ちさせる

また「位置情報サービス」のページを一番下までスクロールすると、「システムサービス」という欄が表示されます。使っている端末の質をよくするためにAppleがデータを収集するサービスが「システムサービス」なのですが、こちらも不要なものはオフにしてしまいましょう。

iPhoneバッテリーを長持ちさせる

Siriをオフにしよう

音声サービスのSiriもバッテリーの消費が早いサービスのひとつです。頻繁に使わない人はオフにしましょう。「設定」→「Siriと検索」→から設定できます。

iPhoneバッテリーを長持ちさせる

その下にある「検索の候補」・「”調べる”の候補」は、端末内でアプリ検索をするときやSafariで単語を検索するときにSiriがアシストしてくれる機能なのですが…正直これ使ったことあります?私はありません。(キッパリ)ですので、「私には必要ないな」「そもそもこんなのあるの知らなかった」なんて人はこちらもオフにしてしまいましょう。

iPhoneバッテリーを長持ちさせる

さらに徹底的にバッテリーを長持ちさせたい人は、「設定」→「各アプリ」→「Siriと検索」をオフにすることをおすすめします。アプリひとつずつの設定を変更しなくてはならないので多少手間がかかりますが、使わないものは切っておくに越したことはないと思います。気になった人は確認してみてください。

Wi-Fiアシストをオフにしよう

Wi-Fiアシストとは、Wi-Fi環境が不安定なときに自動でモバイルデータ通信に切り替えてくれる機能です。これがオンのままになっていると、不安定な回線の中でWi-Fiを探し続けたりモバイルデータ通信に切り替わったり…を繰り返し、結果、バッテリーの消費が早くなってしまいます。

Wi-Fiアシストは「設定」→「モバイルデータ通信」→「Wi-Fiアシストをオフ」で設定できます。

iPhoneバッテリーを長持ちさせる

自動ダウンロードはオフにしよう

同じApple IDを利用している端末の情報を自動で同期したり、インストールしているアプリの最新版へ自動アップデートしてくれるこちらの機能もバッテリーの消費が早くなる原因のひとつです。

iPhoneバッテリーを長持ちさせる

「iTunes StoreとApp Store」から設定できます。

Appのバックグラウンド更新を設定しよう

アプリによっては使用中以外にもバックグラウンドで起動しているものもあるので、こちらも設定を見直してみるといいかもしれません。

iPhoneバッテリーを長持ちさせる

「Appのバックグラウンド更新」からオフにしましょう。バッテリー利用量が多いものだけでもオフにするといいかもしれませんね。

バッテリーを長持ちさせる方法についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?バッテリーの消費量にあわせて試してみてください!

Ayami

この記事のライター
Ayami
最近私のiPhoneの調子がすこぶる悪くすぐ充電減るしマナーモードにしてるのに音が鳴ったりするんです…。その話をしたらTomokoさんに「それ完璧にイっちゃってますねw」と言われてしまいました。悲しい。

この記事に関するキーワード