logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

【iOS11】カスタマイズも可能!新しくなったコントロールセンターで使える24の機能を一挙紹介!

【iOS11】カスタマイズも可能!新しくなったコントロールセンターで使える24の機能を一挙紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

iOS11で大きく生まれ変わったコントロールセンターは、デザインの大幅リニューアルの他に好きな項目の追加や不要な項目の削除ができるようになって、自由度と使い勝手がグ~ンとアップ。さっそく使い方と24種の機能を紹介します。

関連記事:iOS11の新機能・変更点まとめ

iOS10から何が変わった?まずはiOS11でのコントロールセンターの出し方です。

コントロールセンターを表示させるには、iOS10までと同じく画面の下フチから上方向へスワイプ(またはフリック)します。

コントロールセンターの出し方

すると、こんな感じで新しくなったコントロールセンターが出てきます!新旧並べてみると、iOS11ではアイコンが主体となり、スッキリ配置されて見やすくなっています。

新旧コントロールセンター

私のiPhone、使い勝手をより良くしてみよう!コントロールセンターの表示設定

このコントロールセンターには、固定7個、追加/削除が可能な17個の、合計24個の機能を表示できます。使わないものは表示させないよう、以下の方法でカスタマイズが可能です!

追加と削除、整理の方法

また、右側の3本線を押したまま上下に並び替えることで、コントロールセンターの中のアイコンを好きな位置に配置することができます。

コントロールセンターのカスタマイズ

アプリの起動中にコントロールセンターを表示させないようにするには?

画面下から上にフリックまたはスワイプするだけで呼び出せる便利なコントロールセンターですが、例えばゲームの最中。敵を倒すべく、画面下から上に向かえってエイッ!とフリックしたらコントロールセンターが出てしまい運悪くGAME OVER、なんてことは避けたいですよね。アプリの操作中にコントロールセンターに邪魔をされたくない人は、最初から「App内のアクセス」をオフにしておくのをオススメします。

ここでオフにしても、ホーム画面からならいつでもコントロールセンターを呼び出せますよ。

次項では、コントロールセンターにはどんなメニューがあるのかを一つずつ説明します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。