logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

意外と知らない?iOSキーボードでもっと早く文字入力する方法!

意外と知らない?iOSキーボードでもっと早く文字入力する方法!

iPhoneユーザーの多くが使うフリック入力!使いこなせば文字入力を格段に早くできます。実はiOSのキーボードにはフリックだけでなく、好きな顔文字を早く出す方法や、自由にカーソルを移動させる方法、文字や記号の切り替えに便利な小技もあります。

早い文字入力の基本はフリック入力

iPhoneキーボードの便利な小技を紹介する前に、まずはフリック入力。

フリック入力とは、指を上下左右に滑らせて文字入力をする方法で、素早い文章作成にはフリック入力の習得が必須と言っても良いと思います!

使いこなせているつもりのあなたも、まだまだフリック入力を早くする技があるかもしれません。
この機会にぜひ、まずはフリック入力を使いこなせているか確認して見てはいかがでしょうか!

関連記事:フリックで素早く入力!iPhoneキーボードの隠れた入力術!

よく使う顔文字は「^_^」に登録

楽しい文章作成に欠かせない顔文字!iOSには様々な顔文字が標準で用意されています。
入力方法はいたって簡単で、かなキーボード左下の「^_^」をタップ!

変換候補を右の「^」で広げると、そこには大量の顔文字が表示されます!

「よく使う顔文字が候補に無い!」という場合、その都度コピーしてきて貼り付けたり、ユーザー辞書に登録して「かおもじ」と入力して表示させたりしている方いませんか?

実は、“よみ”を「☻」として辞書登録すれば、好きな顔文字を「^_^」キーに追加できます。
ワンタップで好きな顔文字を表示できれば、文章作成の時間を少し短縮できますね!

関連記事:iOS10の顔文字が増えている件&好きな顔文字を「^_^」キーに追加する方法

3D touchでカーソルを自由に移動させる方法

長い文章作成をしていると、カーソルがちょうど良いところに移動してくれないという経験ありませんか?
タップした場所にカーソルが移動するのですが、ぴったりタップするのはなかなか難しい…。
微調整しているとズームしてくれるのですが、それもなんだかうまくいかず「キィィィ!」となることが多かった筆者。

しかし、iPhone6S以降搭載された「3D touch」が、そのストレスを解消してくれます!
カーソルを移動させたい文章あたりをアバウトにタップし、キーボード上をグッと押し込むと、指の動きに合わせてカーソルを自由に動かせるようになります!

まるでMagic Trackpadのように動かせるので、カーソルの微調整も簡単です!

↓使っている様子を画面収録してみました。こんな感じで動かすことができます!

英語や数字の切り替えを早くする方法

例えばメールアドレスやパスワードなどで多く見られる「abcde3fg4」のような“アルファベットの中に少しだけ数字がある文字列”を入力するとき。以下の方法なら英語キーと数字キーを切り替えなくても素早く入力できます!

まず「ABC」キーで英語を入力し、数字を打ちたい時だけもう片方の手で「☆123」キーを押したまま数字を入力します。数字を入力し終えて「☆123」キーから指を離すと、勝手に「ABC」キーに戻ります。


「あいう」→「ABC」など、全てのパターンで可能な操作です!

日付や時間も素早く入力!

iPhoneには、日付や時間の入力時にも便利な小技が隠されています!

わざわざ「○月○日」や「○時○分」と一文字ずつ入力しなくても、数字だけを打てば日付や時間として変換候補に挙がるんです!


1230だけで変換候補に日付や時間が!

さらには、「あした」と入力すると明日の日付が、「らいねん」と入力すれば来年の西暦和暦が変換候補に表示されます。


よく見ると来年の干支の絵文字まで…

日付や時間の入力は文字数や文字種の切り替えが多いので、この入力方法を知っておくとすごくスムーズです!

iPhoneでの文章作成で役立つ小技をいくつか紹介しましたが、慣れないと逆に時間がかかってしまいますよね…。
しかし、使いこなせば格段に文字入力が早くなることは間違いなし!ぜひ自然と使えるように、便利な小技をどんどん活用してください!

この記事に関するキーワード