logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

圧巻の3D!まるで地球を冒険するVoyagerに!Google Earthの使い方・楽しみ方。

圧巻の3D!まるで地球を冒険するVoyagerに!Google Earthの使い方・楽しみ方。

Googleが2年の歳月をかけて開発したアプリ版「Google Earth(グーグルアース)」。液晶の中にリアルな地球儀があるかのように、3Dで世界中を見ることができます。基本的な操作方法や「Voyager」といった楽しい機能の使い方をご紹介いたします!

スマホの中に地球が!Google Earthで3D地球儀を楽しもう

Google Earthの3D地球儀

衛星写真を駆使して作られたGoogle Earthは、まるでスマホの中に小さな地球があるようなリアル感です!指先の操作でクルクルと回したり、拡大して都市を上空から見渡したりと自由自在に世界中を冒険することができます。精巧に作られた3Dの地球儀は、まるで鳥になって世界中を旅しているような気分になれますよ!

スカイツリーを上空から!

Google Earthのスカイツリー

下から見上げることが多い東京都のランドマーク「スカイツリー」も、Google Earthを使えば簡単に上空から見下ろすことができます!しかし、こうして見ると本当に大きいですねスカイツリー…。

海外ももちろん自由自在!自由の女神を見物に。

Google Earthから見た自由の女神

もちろん国内だけではなく、世界中のどこにだって行くことができます!こちらはアメリカ合衆国の自由の象徴「自由の女神」!横からの写真はよく見ていたんですが、上空から見ると台座が星のような形になっているんですね。

操作はとても簡単!Google Earthの基本的な使い方

それでは簡単な操作方法をご紹介いたします!ちなみに、普段Googleマップを使用している方なら、その使用感のまま直感的に利用できると思います。

スワイプで3D地球儀を回す

指先一つでクルクル回して移動することができます。感覚としてはGoogleマップそのものです!

Google Earthの基本操作方法

拡大縮小

ピンチインアウトで拡大縮小を行うことができます!

Google Earthの拡大縮小方法

拡大するのはもちろんよく見えて楽しいですが、筆者は縮小して遠目に見るのも新しい発見があって好きです!ちなみに筆者がこの記事を書くにあたって発見したのは、先ほどご紹介した自由の女神の新事実。海沿いに立っているというイメージでしたが、遠くから見てみると島の上に立ってたんです!(常識なのでしょうか…?)

2点操作で方位や角度を変える

2本指を使い、1点をタッチしたままねじるようにスワイプすれば方位を変えることができます。
デフォルトでは液晶上面が北方向になっています。変えた方位を元に戻したい場合には、左下のコンパスマークをタップします。

Google Earthの方位変更方法

通常は真上から見下ろしていますが、2本指でスワイプすれば角度を変えることができます。

Google Earthの角度変更方法
宇宙飛行士になった気分の景色です!

文字通り、見る角度を変えると新しい発見がありますよ!

施設名や地名で検索も可能

もちろん見たい場所を指定して、一気に飛んでいくことも可能です。画面上部の虫眼鏡マークをタップして、見たい場所の名称や都市名を入力すればその場所まで飛んでいくことができます。

Google Earthの検索画面

情報の表示は設定から変更

ここまでの画像は全て「クリーン」という地図のスタイルを設定しています。国境や道路、地名といった情報を表示せずに見たままの3D画像を表示しています。それらの情報を表示させたい場合には、メニュー内にある「地図のスタイル」から変更しましょう。

Google Earthの地図スタイル変更画面

国境、ラベル、場所、道路が表示される「探索」。さらに交通網、ランドマーク、水源の全てが表示される「すべて」から選択できるので、用途や好みに合わせて地図のスタイルを設定してください。

Google Earthの表示情報の比較

Voyagerであなたも冒険者に!

オススメしたいGoogle Earthの目玉機能が「Voyager」です!

Voyagerでは、あらゆるテーマに沿って世界中を旅することができ、見て楽しむだけではく知識も得ることができる一石二鳥の楽しい機能です。

直訳すると航海士という意味のVoyager、画面上部の舵アイコンをタップします。そこには、ジャンルごとに様々なテーマのストーリーが用意されています。

Google EarthのVoyager機能

気になるテーマをタップ。タイトルとストーリーの詳細を確認し、「探索を始める」をタップするとVoyagerが始まります!

Google EarthのVoyager開始方法

探索を始めると、ストーリーに沿った場所が次々と紹介されます。3Dの表示と、後述する情報カードを見ながら擬似空の旅が楽しめ、右下の「>」をタップすれば次のスポットへ自動で進みます。

Google EarthのVoyagerでの次のスポットへの進み方
続きや詳細はご自身の目でお楽しみください!

行き先はサイコロ次第!素敵な景色に出会えるかも

特定の見たい場所がない場合にオススメなのが「サイコロ」機能です!

画面上部のサイコロアイコンをタップすると、ランダムで様々なスポットが表示されます。気になるスポットは拡大して見たり、情報カードでそのスポットの詳細を知ることができます。

Google Earthのサイコロ機能

ダーツの旅ならぬ、サイコロの旅で次の旅行先を決めるのも良いかもしれませんね!

気になる場所は情報カードで知識を深めよう

景色を楽しむだけではなく、その場所がどういう場所なのかを知ることができるのもGoogle Earthの楽しいところです!スポットを選択し、下に情報カードがある表示されている時は、スワイプすることで情報やスナップ写真を表示することができます。

Google Earthでのスナップ写真表示方法

お気に入りの風景はスクショじゃなくてスナップショットで

素敵なスポットを見つけ、記録用や共有用にスクリーンショットを撮りたい場合には、スナップショットという方法がおすすめです!

スクリーンショットで撮影すると、時刻や電池残量といったスマートフォンの情報や、Google Earthで使用するアイコンなども一緒に撮影されてしまいます。画面上部のカメラアイコンをタップしてスナップショットを撮影すれば、それらを除外した風景だけの画像を残すことができます。

Google Earthの情報を減らしてスクリーンショットをするためのモード
「地図のスタイル」を「クリーン」にして文字情報を減らすのがコツです!

スポット名やGoogleのロゴなどは残りますが、スクリーンショットを撮るよりははるかに良い写真を作成できます!

Google Earthを使えば、世界中を擬似旅行できるだけではなく、様々な知識を得ることもできます。もちろん、これから行く土地の雰囲気を予習しておくという使い方にも最適!Voyagerやサイコロ機能を使って、まだ知らない場所を探せば旅行先の候補も広がります。

Googleが長い年月をかけて開発したGoogle Earth!是非お楽しみください!

ポラリスてっぺー

この記事のライター
ポラリスてっぺー
先日、「住宅街がゴミのようだ!」と某ジブリキャラのようにGoogle Earthで自宅付近を見下ろして楽しんでおりました。
見下ろす感じやスポット間を移動する動作は、「Voyager(航海者)」というより「空の冒険者」なんだよなーと思い、相応しい英単語はないのかな?と調べたところ…。
「Empty adventurer(空っぽの冒険者)」と英訳結果が出てじわじわきました。

この記事に関するキーワード