『かわいい』が生まれる場所。

Googleフォトで加工した写真をカンタンにSNSへ投稿する方法

Googleフォトで加工した写真をカンタンにSNSへ投稿する方法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

アイコンの表示順を変更する方法

続いて、アイコンの表示順の変更をしてみましょう。

「アクティビティ」メニューを開いたら、アイコン右端にある3本線のマークをタップし、押し続けたまま上下にスライドさせます。

するとアイコンの移動ができ、表示順の変更ができるのです。

試しに1番上にアイコンを移動し、「完了」を押して閉じます。

Googleフォトの写真共有先一覧のアプリは、上下にスライドしても順番を変える事が出来る

1番上に移動させた「Googleマップ」アイコンが先頭に移動していますね。

Googleフォトの写真共有先一覧の順番入れ替えが完了した状態

この紹介した2つの手順で、投稿先として表示されるアイコンのカスタマイズができます。普段使わないアプリが表示されていることもありますので、ぜひ使いやすい様に整理してみてください!

今回は「Googleフォト」アプリからSNSへ投稿する方法をご紹介しました!

TwitterやFacebookからはカメラロールへのアクセスはできても、Googleフォトへのアクセスはできない為、Googleフォト内の加工済み画像をアップしたい場合は、Googleフォトからの投稿がスムーズです。

今回紹介した方法以外にも、Instagramなどの人気SNSやEvernoteなどのクラウド系アプリのほとんどに投稿・保存することが可能なので、ぜひGoogleフォトからの投稿・保存を活用してみてください!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。