『かわいい』が生まれる場所。

行く前にこれを見ておこう。動物園・水族館がもっと楽しめる系SNS【いきものAZ】

行く前にこれを見ておこう。動物園・水族館がもっと楽しめる系SNS【いきものAZ】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

いきものは好きですか。人間も生き物の一種ですが、私は普段の生活で「かわいい~♡」と思うのは猫や犬くらいです。普段は特に関心がなくても、水族館や動物園は何となく好き~という方も多いのでは? しかし、あなたの知らない楽しみ方がここにあります! 「いきものAZ」というSNSをご紹介しますね。

お兄さんが好きすぎるペリカン・お姉さんが好きすぎて離れないエイ…

動物園や水族館に行って、可愛いいきものたちの姿に癒される休日。いいですよねー…。

さて、唐突に話は1年前にさかのぼります。私はとある事情(※)で池袋にとてもよく行きます。が、意外とサンシャイン水族館に赴いたことがなかったことに気付き、まぁこれだけ池袋にはお世話になっているし…という謎の義理立てで行ってきました。

サンシャイン水族館パンフレット
出典:サンシャイン水族館パンフレット(PDF)

※…私の自己紹介をご覧いただくと、ピンとくる人にはピンときます

水族館って、水音とか水面の揺らめきとか薄暗い館内の落ち着く感じが好きなんですけど、正直「魚って見て面白い? 動物園の方が…」と思っていました。ましてサンシャインは都会の水族館。大きなプールでイルカショーがあるわけでもない。まぁものは試し…都会の水族館の実力見てやろうじゃん? くらいの気持ちでした。

サンシャイン水族館施設案内
出典:サンシャイン水族館施設案内ページ

あのね、めちゃくちゃ面白かったです。

何が面白いって、魚に個性があると気づいたこと! そう、彼らも立派な「いきもの」…同じテッポウウオでも、よく見るとすごく一生懸命エサをつついているのがいたり、まったりしているのがいたり、「魚も一人ひとり頑張って生きてるんじゃん!」ということを知ることができました。

特に大水槽で「ダイバーのお姉さん大好き~♡」ってまとわりついて離れないエイがとても印象的でしたね。エサがもらえるからじゃなくて、明らかにお姉さんに構ってほしくて並走(並泳?)してるんですよー。こういうのが見えるとかわいいですよね。


※このツイートは私がサンシャイン水族館に訪れた日のものではありません

その次に訪れたときに気付いたのがペリカンの魅力。ちょうどペリカンさんの帰宅時間に、1羽だけ明らかに落ち着かない子がいるのを発見。観察していたら「帰宅の時に呼びに来るお兄さんが大好きすぎて思わず喜びのおたけびを上げる現場」を目撃。他の子はさっさと帰っていくのに、お兄さんの清掃が終わるのを「俺(?)もやる!」と言わんばかりにじたばた見守っているのが胸に刺さりました…可愛すぎるだろ……。

ということで、飼育員のお兄さん・お姉さんが大好きないきもの可愛いです。飼育員さんのいるときこそ注目しよう。

まだ私の知らない水族館・動物園の楽しみ方が絶対ある…!

正直、子どもの頃は「わー動物がいるー」程度の感想でした。旭山動物園がブームになり、動物園や水族館がどんどん面白くなっていた頃、私は大人で、そういう場所と縁遠い生活を送っていました。アラサーになったあたりから、「童心に返って行ってみるか~」と出かけ始めたのです。

水族館

だから、アラサーになって初めて気づいたんです。水族館・動物園はぼーっと動いていたり寝ていたりする生き物たちを眺めるだけの場所じゃない。こちらの心構え一つで、映画にも負けない修羅場やラブシーン、絆、新発見など、たくさんの感動が、ドラマが生まれる場所なんだと…!

ドラマ

しかし、私はまだまだ初心者。もっとあふれる情熱を胸に秘めている”水族館大好きな先輩”たちが世の中にたくさんいるに違いない!

博士

聞きたい…すごく話を聞きたい! 見逃せないポイントとか、通しか知らない裏話とかめちゃくちゃ聞きたい…! でもそんな知り合いいるわけない!!

そんな私でも、こっそり「通」な方々が楽しんでいるポイントをチェックできる「いきものSNS」こそが「いきものAZ」です。

いきものSNS「いきものAZ」とは?

こちらは、2016年4月19日(飼育の日)にサービス開始された、全国のたくさんの水族館・動物園が参加している「いきもの特化」のSNSです。

いきものAZ
出典:HOW TO いきものAZ

見に行けなかった日の「あの子」の様子も見られる!

今まで、にゃんこSNSとかわんこSNSとか、飼い主の交流目的のSNSはいくつか見てきました。しかし、動物園や水族館のいきものは、誰か特定の人の「我が子」ではありません。逆にお客さんや飼育員さんなど、「みんなの」愛情で育っているんです。

常に一緒にいられるわけではないあの子の様子を、他にも愛情を注いでいるユーザーが教えてくれる…

あなたが会社で一生懸命働いている間に、かわいいあの子がご飯をうまうましていたあの瞬間。

ぺんぎん
こちらの画像はイメージです

あなたが通勤地獄を耐え忍んでいる間に、かわいいあの子がダレッとしているこの瞬間。

パンダ
こちらの画像はイメージです

自分が本当なら見られない時間のあの子の様子を、他のユーザーの投稿で見られるのは嬉しいですよね!

「通」はここを楽しんでいる! 楽しみ方の視点も勉強になります

水族館や動物園の公式アカウントをフォローすると、飼育員さんしか分からないポイントを見ることもできてすごく面白いです。

こちらは2018年5月30日の伊勢シーパラダイスの投稿です。

伊勢シーパラダイス
出典:いきものAZ

もちろん、飼育員ではない、普通の「お客さん」からも投稿はたくさんあります。それが、通はこんなところを見ているんだなーというポイント満載で非常に勉強になるんです。

たとえば、イカを見て何を楽しむべきかって正直私には全く分からなかったんですよ。これが…イカですか…知ってます…刺身がおいしいですよね……って感じで。

イカ

でも、イカが上手に擬態しているところを「どこにいるでしょう?」とクイズにして投稿してくださっている方がいて気づきました。あれ、私2杯しかいないと思ってたけど、もしかしたら上手に隠れてたかも…!!?

もし自分に子どもがいたら、このSNSで予習した「楽しむポイントや豆知識」を教えてあげたいなぁ~。そして「ママすごい!」って言われてドヤ顔したい。とても。尊敬の念を集めたい。

この記事に関するキーワード

SNS
新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。