『かわいい』が生まれる場所。

スマホカメラ撮影術!スマホでもプロっぽく撮れる!!【構図編】

スマホカメラ撮影術!スマホでもプロっぽく撮れる!!【構図編】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

ローアングルから三角構図!

スマホカメラ撮り方のコツ

高いビルや木々などをローアングルから撮ると、遠近法で三角形の構図になります。

スマホカメラ撮り方のコツ

三角構図は安定感のある写真になって、使いやすい構図です。
どしーん!と構えた写真が撮りたい時は三角構図がおすすめです!

シンプルな構図もいい!

日の丸構図

日の丸構図は、被写体を画面のど真ん中に配置する構図で、簡単なのでよく使用される構図です。
スマホカメラ撮り方のコツ
ど真ん中に被写体が来るので、「見せたいモノ」がわかりやすく伝えられます。
スマホカメラ撮り方のコツ
十字線を意識すると撮りやすいです!
簡単だからこそ腕前が必要な構図ですので、たくさん撮って腕を磨きましょう!

シンメトリー構図

左右(上下)対称な写真は水平を取ることが大事です。

スマホカメラ撮り方のコツ

神社やお寺など左右対称な建築物などは、正面から水平に気をつけないと違和感のある写真になってしまうので気をつけましょう!
スマホカメラ撮り方のコツ

水平かつ左右対称になっていると思います。観光客が歩いているのも偽ってない感じがあって、気に入っている写真です。ここは確か京都の平安神宮だったと思いますが、広く見渡せる境内が特徴的だったので2分割法とも3分割法とも取れる構図になっています。

S字構図・C字構図

S字構図

S字構図は読んで字のごとく、写真の中にS字型の曲線が入っている構図です。
スマホカメラ撮り方のコツ
ここは伊勢神宮の五十鈴川です。川沿いの歩道がS字になっていて川の流れに優しい印象が付くと思います。

C字構図

C字構図も同様に、写真にC字型の曲線が入っている物を指します。
スマホカメラ撮り方のコツ
川越の蓮馨寺(れんけいじ)で花祭りがあった時に撮った写真です。
C字構図の多くは円形のものを切り取った写真になると思いますが、円形の被写体の全体を移すと完結した感じがでます。
C字構図にすると、それとは違った見え方になります!
スマホカメラ撮り方のコツ
こんな感じで、スイーツが乗った丸いお皿をちょっと欠けさせるだけで楽しげに写るので、是非試してみてください!

色々な構図を紹介してきましたが、写真を撮る時に意識出来るか出来ないかで大きく変わりますので、出来る限り構図を意識して写真を撮るようにしましょう!色んな表情の写真が撮れるようになれると思います!

ポッポ

この記事のライター
ポッポ
スマホだと直ぐにリサイズできるので違う構図に加工してみる、ってのも楽しいと思います。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。