『かわいい』が生まれる場所。

食べ物をおいしそうに撮れると大評判のFoodie(フーディー)に編集機能とレシピ機能が追加されました!【Foodie 新機能】

食べ物をおいしそうに撮れると大評判のFoodie(フーディー)に編集機能とレシピ機能が追加されました!【Foodie 新機能】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

ビネット

ビネットを0にしたときと100にしたときです。

Foodie

ぼかし

ぼかしには2種類あります。左が丸の形をしたぼかしで右が横線のぼかしになっています。

Foodie

以上がFoodie(フーディー)の編集機能一覧となっています。全体的に結構使える編集機能がたくさんありました。私のお気に入り加工である粒子加工もバッチリ出来るので今後使っていくと思います。

Foodie(フーディー)の便利機能・レシピ。

画像の編集をFoodieで行った後「+」がついているところを選択すると、編集した内容を「レシピ」としてアプリ内で保存ができます。

Foodie

画像編集がうまくいった時にレシピ保存をすれば、また同じ画像編集ができます。

うまくいった編集を何パターンかレシピに保存すれば、画像加工がより簡単便利なものになりますね。

Foodie(フーディー)新機能の編集機能とレシピ機能。みなさんも新機能を使ってもっとオシャレな加工にしちゃいましょう!

ぴぴ

この記事のライター
ぴぴ
粒子加工命なので、Foodieに粒子加工があって安心しました。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。