logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

【インスタにバリアフリー新機能】編集画面の「代替テキストを追加」をやさしく解説します

【インスタにバリアフリー新機能】編集画面の「代替テキストを追加」をやさしく解説します

最近、インスタの編集画面に「代替テキストを追加」なる新メニューが出てきて「なんのことじゃ?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

これは、写真に何が写っているかを目が不自由な人に音声で伝えられる「自動代替テキスト」という新機能の一部なんです。

さっそく、画像をまじえてご説明していきます♪

その他のインスタ新機能一覧

代替テキストで目の不自由な人に写真の内容が伝わるように!

画像を認識するAI

今回追加された「自動代替テキスト」は、AI(人工知能)が画像に写っているものを自動解析し、写真に説明文をつけてくれる機能です。

例えば、視力に障がいのある人が音声読み上げサービスを使ってインスタを開くと、フィードの写真、プロフィール画面や「発見(虫めがねマークのページ)」に表示されている写真に何が写っているかが耳でわかっちゃう、という素晴らしいものなんですよ。

編集画面にある「代替テキストを追加」とは?

代替テキストを追加

さて、インスタに投稿した写真のキャプションやジオタグ(位置情報)など、後から書き換えたいものがある時に編集画面を開きますよね?

そこに最近出てきはじめたのが「代替テキストを追加」というメニューです。

この「代替テキストを追加」をタップすると、

説明文を入力
編集を終えるには右上の「完了」をタップ

自分が投稿した写真の代替テキスト(説明文)を自由に書けます。

例えばこの写真の場合、

友だちと東京シティ競馬にイルミネーションを見に行ったよ♡

キラキラなメリーゴランドがかわいかった!

などと代替テキスト欄に書くと、目が見えない人にも、”誰がどこで何をしたのか” ”今どこでどんなことがおこなわれているのか?”などの情報が音声キャプションで伝わり、投稿した写真で伝えたいことや気持ちをリアルタイムで受け取ってもらうことが可能なのです。すごい~。

これは、みんなが使いやすいインスタになるための第一歩

インスタのヘルプブログによると、世界に視覚障がいを持つ人は2億8500万人いて、「この新機能追加は誰もが利用できるインスタになるための、ほんの第一歩」だそうです。あ、インスタさん「ほんの」って言った。拍手。

今回の代替テキスト機能追加により、目が不自由な人も楽しめるSNSになったインスタは、着々とリアルな社会に近づいているように思います。

以上、同じAIサービスを先に取り入れた親会社のFacebookといい、企業のこういった取り組みには心から「いいね!」を押したい、Tomokoがお伝えしました。

Tomoko

この記事のライターTomoko
数年前に眼をケガし、何日も両目が開けられない状態だったことがあります。突然のことで、生活面で苦労したのはもちろん、どっぷり浸かっていたSNSが1ミリも見られないのはなかなかさみしいものがありました。当時このサービスがあったら絶対使っていただろうな~。

この記事に関するキーワード