logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【apptopiライター】Tomokoってこんな人!一問一答!

【apptopiライター】Tomokoってこんな人!一問一答!


テッテレー!こんにちは~!Tomokoです。今回は自己紹介記事ということで、いつものアプトピでは出せないネタをジャンジャン書いてみたいと思います!

ざっくりいうとこんな奴

  • バンド歴30年の歌うベーシスト。現在、THE TWEEZERSROCK JUICEで活動中。元SUPERSNAZZ。こちらにまとめていただいております!世界中のロック好きを熱狂させる、日本のガレージパンクバンド (出典:NAVER まとめ)
  • 焼肉が大好き。お酒とカルビがあればライスはいらない。
  • Tomoko焼肉
    心の叫びはいつも焼肉

  • 飲み始めると長いですね。長っ尻。飲まれて来てごめんなさい。
  • 難聴と老眼が進行中。意思の疎通はもっぱらフォースで図る日々です。
  • 音楽・映画・本が大好きです。特にアメリカのものに惹かれます。
  • 薔薇(イングリッシュローズ)にハマり、二十鉢以上育てている。
  • 食べるのが大好き、料理バンザイ!(滝田栄様ラブ)
  • 我が輩は母である。
  • 我が輩は猫飼ってる。

更にTomokoを深堀り!!!

apptopiライターになろうと思ったきっかけ

ある日インターネッツをさまよっていたところ、アプトピのライター募集告知を見かけまして。iPhone 3G時代からスマホを肌身離さず愛用してきた私、ちょうど子育てのシーズン1が終了して社会復帰を目指していたタイミングかつ、過去にCDのライナーノーツや雑誌の記事をちょこちょこ書いてきた経験を活かしたいなと思い「腕に覚えなら(ちょっぴり)あるわよ!」と奮って応募しました。もちろん敬語で。

年齢

強化ガラスの40代です。と書いてアラフィフ。

性別

女です。

血液型

O型のRhマイナスです。出現率は3/2000だそうで、気分はレアポケモン。

出身地

小学生の時から東京都。チビッ子時代は転勤族で熊本や名古屋にいました。

性格(自己分析)

マイペース、好奇心旺盛、楽観的、多趣味。

性格(apptopiライターから見たTomoko)

kokuei 国栄
幅広い知識&スキル、そしてアーティスティックでおしゃれな感性を活かした記事作成をされますが、ユーモアも忘れない。そんな方です(^◇^)


休日の過ごし方

昼間は子どもと遊び、夜はバンド活動というパターンが多いです。

平日の過ごし方

朝6時に起きて洗濯やお弁当作りなどをし、昼間は働き、夜は再び調理担当と洗濯物や食器の片づけ。子どもをお風呂に入れて寝かしつけたら心のタイムカードをピッと押して、深夜の楽しみにNetflix。ってルーティンです。てかみんないつ掃除してるの。

小さい頃の夢

漫画家です。『花とゆめ』に応募してささやかな賞をいただいたのが良き思い出。

生まれ変わったら何になりたい?

また人間。ただし、食べすぎてもちっとも太らない驚異の体質の持ち主に。

地球最後の日、何をする?

焚き火かな。お肉を焼いて、酒飲んで。乾電池式のラジカセで好きなロックンロールを流して。んで、地球ドカーン!!みごと木っ端みじんになったら、地球の軌道を失ったスペースデブリ(宇宙ゴミ)とともに宇宙をさまよう。願わくばその様子を「#宇宙なう」のタグとともにインスタにアップしたいけれど、もう自分のわがままボディはおろか、Wi-Fiのワ、スマホのスの字もな~んにも残ってないんですよ?やだオソロシイ!だから日ごろから、地球を大事にしている。

カラオケでなに歌う?

『あずさ2号』や『大都会』などの昭和歌謡と、50年代~80年代の古い洋楽が多いです。十八番はシンディ・ローパーと『ウィー・アー・ザ・ワールド』全パートの物まねです。

無人島になに持っていきたい?

好きなレコード(ザ・ローリング・ストーンズの『メイン・ストリートのならず者』等)と薔薇の種、つがいの牛、『指輪物語』全巻。

主に書いている記事のジャンル

知育、生活・暮らし、パズルゲーム系。『ガーデンスケイプ』は常にカンスト中です。

Tomokoのオリジナル自己紹介。というかNetflixのお気に入り紹介コーナー!!

というわけで突然ですが、最近もはや鑑賞が日課となっているNetflix(以下ネトフリ)のオリジナル作品からTomokoが選んだベスト5をご紹介します!本当に突然でスイマセン!誰得?でも、好きが止まらないんだ!

5位『マインド・ハンター』

鬼才デビッド・フィンチャー監督とシャーリーズ・セロン製作の連続ドラマです。時は1970年代後半、FBIがどのようにプロファイリング捜査方法を確立していったのか?を、エド・ケンパーら実在のシリアルキラーとの心が全く温まらない交流を通して描いていきます。キモが冷える面会シーンでは、彼ら殺人鬼が人の皮をかぶった鬼となるに至った生い立ちに関するある共通項がジワジワとあぶり出されていったりして、単に事件解決だけに終始しないプロットがユニークです。

主人公となる2人の捜査官は『アナと雪の女王』のクリストフ声優ジョナサン・グロフとホルト・マッキャラニーが熱演。若造&おやっさんのバディものとしても見ごたえバッチリ!

紅一点のアナ・トーヴも激ステキです! 出典: Netflix Japan

4位『ブラック・ミラー』

急速な進化を遂げた近未来のテクノロジーと、なかなか進歩しないザンネンな人間、そのギャップから生まれる悲喜劇を皮肉まみれで描く一話完結の本シリーズ。例えば、ハイテク監視装置を通して母娘の溝を描く『アーク・エンジェル』はジョディ・フォスター監督作。あのジョディがメガホンをとったら羊じゃない私だって沈黙せざるを得ないんですけど~!って、鑑賞後見事に黙って考え込んでしまいましたよ…。親子の絆とは…。アプトピ読者の皆さんには、主人公が恐怖のVRゲームに翻弄される『拡張現実ゲーム』もオススメです。

全体的に後味が悪いエピソードが多い中、たまに『サン・ジュニペロ』のような感動作を投入してくるから油断もスキもありゃしないですよ!

SNSのいいね!の数で人の価値が決まる『ランク社会』もリアル。 出典:Netflix Japan

3位『13の理由』

猫も杓子もワタシもスマホにSNSにどっぷりな今日この頃ですが、本作はそんなデジタル社会で育つ高校生たちのいじめ、自殺問題がテーマ。思春期というかけがえのない時間のなかで生じてしまった残酷な出来事に絶句しつつ、画面の中の子どもたちと向き合わずにおれませんでした。時おり生々しい描写が含まれているので、心が弱っているときは是非2位の作品をご覧ください!!

製作総指揮は歌手のセレーナ・ゴメス 。
出典:Netflix Japan

2位『サンタクラリータ・ダイエット』

みんな大好き(当社比)、ドリュー・バリモア主演のホームコメディです♡が、なんと!ドリューがゾンビ母ちゃんになるという驚きの初期設定!そして、史上最高最長最大量?のゲロシーンから続く怒涛の展開は奇想天外ながらも、観ているとゾンビドリューさながら不思議と元気になっちゃうんですよね…もしや、何かに感染してしまったのかしら私も…(汗)。

シーズン2の最終話は腹筋がちぎれるぐらい爆笑しました。「笑いは最良のクスリ」と言いますが、これはまさに観る点滴です!!

ドリューの娘役リヴ・ヒューソンも最高です。
出典:Netflix Japan

1位『ストレンジャー・シングス』

今さらハマりました。ソーリーアイムレイト。物語の舞台となるのは1980年代のアメリカの小さな町。そこで突如起こる怪奇現象、それをとりまく超能力者、美少女、イケメン、イケメン保安官(そう、割とイケメンだらけである)に我らアラフィフ世代の星・ウィノナ・ライダー様を絡めてスティーブン・キング風味のバターをたっぷりまぶしたポップコーンのようにサクサク、サクサクと見進めてしまう、やめられない止まらないドラマです。映画好きなら『E.T.』『グーニーズ』『シャイニング』などの名作を模したシーンを見つけるのも楽しいですよ。

余談ですが、本作で主人公を演じるミリー・ボビー・ブラウンはハリウッド版ゴジラ続編『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ/ Godzilla: King of Monsters』に抜擢されましたね。スクリーンであの素晴らしい演技が観られるなんて、嬉しくて鼻血が出そう。公開が楽しみです。

ウィノナ・フォーエバー
出典:Netflix Japan

番外編:Tomokoのインスタより

こうして『ストレンジャー・シングス』にドはまりした私、ついに劇中食として有名なワッフルが作れるマシンを購入いたしました!

あくまでもアメリカンな丸型にこだわってやっと見つけたレコルト謹製円型プレートのワッフルメーカー。すぐに飽きるかと思ったら(1)コンセントをさす、(2)生地を入れる、(3)3分焼く、これだけでサクサクのワッフォーができて楽しいし、ドラマ観てない家族にも好評だしで、焼きに焼きまくって既にモトが取れています。

@ganmonrosesがシェアした投稿


Tomokoのインスタより。

はい、というわけでTomokoの自己紹介コーナーでした。最後は脱線しまくって単なる番組紹介になってしまいましたが、現在割とネトフリに持って行かれてる感が絶大な人生のであながち間違っていないです!

ジョン・トラボルタがスーパー弁護士を怪演する『アメリカン・クライム・ストーリー/O.J.シンプソン事件』も手の込んだ再現フィルムって感じでオモシロイです(しつこい)。

ネトフリは初月無料、その後もベーシックプランなら月額650円で名だたる映画監督やスターたちが作った作品が見放題。一度ぜひ観てください。できれば『ストレンジャー・シングス』を…!

あっ。ロックンロールやパンクロックが好きなみんなは、バンドのライブにも遊びに来てくださいね!スケジュールはTwitterでもつぶやいてますんで!2018年12月にはROCK JUICEのニューアルバムも出ますんでタワレコ等で見かけたらよろしくお願いいたします(その宣伝をまじめにすべき)!!

それでは、サヨナラ、サヨナラ。

Tomoko

この記事のライター
Tomoko
最後まで読んでいただきありがとうございます!これを書いている間に大好きな『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾からジェームズ・ガン監督が解雇されるという残念極まるニュースが舞い込んできました。大ショックながらも、ネトフリにはここぞとばかりにガン監督に手を差し伸べて連ドラを作っていただきたい~!!なんて盛大な期待を寄せています。

この記事に関するキーワード