logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

スナチャで流行りの「赤ちゃん顔」レンズを使ったかわいい加工のやり方♡

スナチャで流行りの「赤ちゃん顔」レンズを使ったかわいい加工のやり方♡

こんにちは~!えりなっちです~(⌒ω⌒)☆

Snapchat(スナチャ)赤ちゃん顔になるレンズが今、大流行中ですよね~(‘ω’)♡本当の6歳児みたいになれて楽しいですっ!

そんな流行りの赤ちゃん顔レンズで撮影した写真を使って、かわいい画像加工をしてみました(^o^)♡

POINT

  • 赤ちゃん顔の写真をアレンジしたい
  • 文化祭・体育祭用のうちわを作りたい
  • 流行りの加工がしたい

文化祭・体育祭用の手作りうちわやメガホンのデザインにもピッタリです(´ω`)ノ

大流行!スナチャの「赤ちゃん顔」になれるレンズ

Snapchat-baby-lens
BEFORE⇔AFTER

ほっぺがぷっくり&つやつやお肌の赤ちゃんになれちゃう、スナチャの人気レンズがこちらです(右の画像)

このレンズについては↓の記事を見てみてください!

「赤ちゃん顔」写真を使ったかわいい加工のやり方

スナチャの「赤ちゃん顔」レンズを使った写真で、かわいく画像加工する方法を提案していきたいと思います♡

頭でっかち加工

Snapchat-baby-lens

赤ちゃん顔の写真を使って、頭でっかち加工をする方法を紹介します♡

Snapchat-baby-lens

まず、背景を消せるアプリ〈背景透明化〉を開き、赤ちゃん顔レンズで撮影した写真の、顔部分だけ切り取ります。(オトちゃんかわえ…)

消したい部分をタップするだけで、自動で背景を消してくれるのでとっても楽ちんです~♪

Snapchat-baby-lens

切り取りができたら、PicsArt(ピクスアート)で、合成したい写真を開きます。

そして〈ペイント〉からレイヤーを作成し、〈写真〉から、先ほど作った赤ちゃん顔の切り抜きを貼り付けてください☆

Snapchat-baby-lens

赤ちゃん顔のレイヤーを選択し、右上の〈・・・〉から〈トランスフォーム〉を選んで自由変形させ、からだと合うように調節したら完成です!

顔とからだの色味の違いが気になったら、こちらのやり方を参考にしてみてくださいね~!

【流行りの加工】スナチャレンズで「#頭でっかち」加工をする方法💓文化祭・体育祭の写真をより映えに😳

キャラクター風加工

Snapchat-baby-lens

続いては!!こーーんなかわいいキャラクター風加工のやり方を紹介したいとおもいます♡

赤ちゃん顔を切り抜くところまでは、先ほどと同じです!

Snapchat-baby-lens

次に、小学生のイラスト素材を背景透明化を使って体・帽子それぞれ切り抜いて保存します。
(素材はいらすとやさんからお借りしました)

Snapchat-baby-lens

そして、それらの素材をすべてibisPaint Xを使って重ねます。

カメラマークをタップし、カメラロールから画像を開いてください。レイヤーは勝手に分かれるので新しく作らなくてOKです☆

Snapchat-baby-lens

〈移動変形〉のツールを選択し、〈操作〉の虫眼鏡マークと矢印マークをどちらもタップすると、自由変形ができます!いい感じの大きさや角度に調節してください(*’ω’*)

最後に、好きな背景を入れたら完成です☆

文化祭・体育祭用のうちわを「赤ちゃん顔」写真で作ってみたよ

キャラクター風加工で作った画像を印刷して、文化祭・体育祭用のうちわにするのもめっちゃオススメです(⌒∇⌒)
周りのキラキラは、100均で購入しました!うちわの作り方が知りたい方はこちら

ヲタ活もおしゃれに♡「手作りうちわ」の作り方!文化祭や体育祭にも☝

赤ちゃん顔のインス(シール)

Snapchat-baby-lens

赤ちゃん顔のインスも作ってみました!作り方はこちら

韓国で流行中!かわいい自作シール「インス(인스)」の作り方💕100均グッズで作れる!

赤ちゃん顔をアレンジして、色んな画像加工やオリジナルグッズ作りに挑戦してみてください(⌒ω⌒)

えりなっち

この記事のライターえりなっち

赤ちゃん顔レンズ、盛れるな~。

この記事に関するキーワード