logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

花火を一番綺麗に撮れたのはどれ!?6種類のカメラアプリを花火大会で実際に試してきた

花火を一番綺麗に撮れたのはどれ!?6種類のカメラアプリを花火大会で実際に試してきた

「花火をスマホカメラで綺麗に撮りたい」
「花火を綺麗に撮れるアプリを知りたい」

花火と共にそんな声が聞こえてきますね。

そんな人たちのために、都内で(多分)1番早い花火大会「足立花火大会」に行き、「どれが一番綺麗に撮れるのか?」検証してきました!

先に結論を言うとこんな感じです。

★結論★
・1番のオススメは「花火カメラ」自動で撮れます
・こだわりたいなら「夜撮カメラ」(初心者も使いやすい)
・三脚を使うと、より綺麗に撮れる

どうしてこの結論なのか?具体的に紹介していきます!

その結果、本当に大切なものが何なのか、とても重要なことを学びました。

今回使ったアプリは以下の6種類!
1.「夜撮カメラ」
2.「Camera360」
3.「ManualShot!」
4.「花火カメラ」
5.「Night Camera」
6.「iPhoneの標準カメラ」

(ちなみに使用した端末はiPhone7 Plusです)

【花火を楽しむアプリ5選】

激コミの足立花火大会で結構いい場所で撮れました。

今回撮影に行ってきた場所は「3年B組金八先生」でもおなじみ荒川河川敷で打ち上げられる「足立花火大会」!なんと今回が第40回目のアニバーサリーイヤーでした!1時間で約1万3600発の花火が打ち上げられる大規模な花火大会です!

例年66万人もの人が訪れるというヤバい花火大会なのですが、すごく良い場所を抑えられました!

アプトピでライターをしているひなこさんのご家族が炎天下の中場所取りをしていて、そこにお邪魔させてもらいました!

Fireworks-Adachi

見てください、この夕日!暮れなずむ街ですよ!

この画像からも分かる通り、この日は晴れ!花火がめちゃくちゃ綺麗に見れる予感でウキウキですよ!

Fireworks-Adachi
三脚もしっかり用意して、準備万端!!

……と、前置きはこのくらいにして、検証していきたいと思います!

花火だけじゃなく夜景もうまく撮れるカメラアプリ「夜撮カメラ」

「夜撮カメラ」はその名の通り”夜景”を撮るアプリです!普通のカメラで写真を撮る時はシャッタースピードやらf値やらISO感度やら、色々と設定する必要があるのですが、「夜撮カメラ」はぜーんぶやってくれるから、すごいんです!もちろん自分で設定を変えることもできますよ。

yakei-camera

「夜空(月/星)」・「ペンライト・アート」・「花火」・「街の夜景」
この4つに最適な設定をしてくれます。しかも!

yakei-camera

三脚を使う場合と、使わない場合など、4つの撮影モードの選択ができるんです!

スマホ用の三脚を持っている場合は「バルブ」機能を使いましょう!手持ち撮影の場合は「ノーマル」で撮影しましょう!

そして、「夜撮カメラ」で「バルブ撮影」をして「花火」を撮った写真がこちらです!

yakei-camera

yakei-camera

どうでしょう?

バルブ撮影(シャッタースピードが遅い撮影)なので、線がクッキリと出た写真になるんです!

yakei-camera

手持ちで撮影するとこんな感じでした。手持ちだとどうしてもブレちゃうので、シャッタースピードが早めです。綺麗に開いた花火を撮りたい場合三脚があったほうがいいですね。

手持ちで夜景や花火を撮影する場合

綺麗な夜景や花火を撮る場合、シャッタースピードは遅めになります。手で持って撮影するとブレブレになっちゃうので、脇を締めて、できればしゃがんで撮りましょう!

ビューティーカメラアプリ「Camera360」で撮ったら花火もビューティフォーに撮れるかも?

「Camera360」で風景写真とかを撮るというイメージはないですが、試してみなきゃわからない!

ということで、撮った写真がこちらです。

Camera360-Fireworks
Camera360-Fireworks

う〜〜〜ん……

撮れなくはないですが、閃光が強い花火だと飛んじゃいますね。

おすすめはできないですね。

と、ここで今回花火大会にお邪魔させてくれたひなこさん妹さんからこんなことを言われました。

妹さん「ポッポ君、下手ぇな」

妹さん「ポッポ君、下手ぇな」

妹さん「ポッポ君、下手ぇな」

くっそぉ〜〜〜!!!

確かにスマホで花火の撮影なんて初めてだし、アプリも使い慣れてないよ?でもさ、これはスマホだからなわけであって、一眼レフカメラで撮ればそこそこのモンよ?

ちくしょう、今に見てろよ……ッッ!!

シャッタースピード・ISO感度・フォーカスなど自由に決められる「ManualShot!」は花火を撮るのに便利

「ManualShot!」は一眼レフカメラの様にカメラの設定を自由にできます。1番最初に紹介した「夜撮カメラ」の様に最適な設定にしてくれるわけでは無いので、”自分で調整してロックをかける”という作業は必要になります。

ManualShot!-Fireworks

気に入ったフォーカスのところで南京錠マークをタップすればロック完了です!

そして撮った写真がこちら!

ManualShot!-Fireworks

ISO感度を100に固定して、弾けながら広がっていく花火をシャッタースピードが(おそらく)1/10秒くらいで撮った写真です!めちゃくちゃ打ち上げてる感あって気に入ってる写真です!!

さらにこれ!

ManualShot!-Fireworks

フォーカスを手前にして、花火をバックに笑っている浴衣姿の彼女を撮ったつもりの写真です!彼女にピントを合わせることで、

「花火なんか目に入らないよ。だって、君の浴衣姿が綺麗すぎるから」

という愛を表現できます!

画像の女性は完全にイメージです。ありがとうございます「いらすとや」さん。

1/3

この記事に関するキーワード