『かわいい』が生まれる場所。

端末間でデータを送り合える?データ移行を使ってみよう【Clipbox+】

端末間でデータを送り合える?データ移行を使ってみよう【Clipbox+】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

みなさんこんにちは!
APPTOPIライターのあめです!

今日はClipbox+(クリップボックスプラス)の「データ移行」機能についてご紹介します。

この「データ移行」機能を使うと、PC無しで、二つの端末間でデータを送ったり受信したりできます。とても便利な機能なので、その方法を解説していきます。

※この記事はiPhoneをご利用の方向けの記事です。Androidではまだ実装されていない機能になります。また、Clipbox+のみ利用できる機能です。

こんな人におすすめ

  • 機種変更時にデータを移行したいけどPCがない!
  • モバイル通信量(ギガ)を使わずに友だちにデータを送りたい!
機種変更時にiTunesとPCを利用してClipboxのデータを移行する方法

「データ移行」の方法

それでは早速データ移行の方法を説明していきます。

「データ移行」機能を使うには、データの送信側・受信側の合計2台のiPhoneとWi-Fi環境が必要です。まずは2台のiPhoneを1つのWi-Fi環境に接続します。

同じWi-Fiに接続したら、送信側受信側もマイコレクションを開き、画面右上の”Actions”をタップしアクションパネルを表示させます。

Clipbox-data-trance

送信側は送信したいファイルを選択し、「データ移行」をタップします。受信側も同じく「データ移行」をタップします。

POINT

  • 送信するファイルは複数選択可能です。

Clipbox-data-trance

するとこのようなポップアップが表示されます。送信側は「送信」を、受信側は「受信」をタップします。

Clipbox-data-trance

お互いの画面に「接続先の端末を探しています…」という表示が出ます。少々お待ちください。

Clipbox-data-trance

接続先が見つかったら、このようなポップアップがでます。

まず受信側が「受け取る」をタップしてください。するとクリップ画面に移行し、データのダウンロードが始まります。この間、送信側何も操作しないでください。データのダウンロード(移行)がすべて終了したら、「終了」を押してポップアップを閉じてください。これで端末間のデータ移行が完了します。

アクションパネルにマークがない!

この機能は、Clipbox+の昔のシリーズである「Clipbox」や、Android版では残念ながら実装されていません。

iPhoneでClipbox+を使っているにもかかわらず、アクションパネルに「データ移行」マークが見つからない!という方は、もしかするとアプリのバージョンが最新でない可能性があります。

一度AppStoreでバージョンが最新かどうか、確認してみてくださいね。

アプリがアップデートされない時の解決方法
あめ

この記事のライターあめ
あわわわわわ眠い…眠いよーーーーーーッ(おやすみ)(こら)

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。