『かわいい』が生まれる場所。

【便利】Googleマップの方角をスマホの向きに合わせる方法とは?

【便利】Googleマップの方角をスマホの向きに合わせる方法とは?

「〇〇に集合」と誘われたものの、頼りのGoogleマップがいうことを聞かない……。なんてイラッとした経験はありませんか?

Googleマップを起動すると、地図が固定されて見方がわからなくなったり現在の位置を把握するのに時間がかかることがあります。

「Googleマップは使いにくい」なんていう人も少なくありません。

実はGoogleマップは1タップで見やすくなりますし、待ち合わせや始めて訪れる場所の画像を事前にチェックすることができるんです!

そこで今回の記事では、Googleマップの向きを変更する方法や便利機能について詳しく解説します。

Googleマップは場所を検索したあと、そのまま目的地まで案内してくれます。

いちいち別のアプリを起動しないですむので、ストレスを感じずに目的地を目指せますね。

Googleマップの便利さを今一度確かめてみましょう。


Googleマップの方角は北以外にも設定できる?

Googleマップを使ってみると、地図が固定されたまま進行方向が指示されますね。

指示通りに進んでいたのにも関わらず、道を間違ったり同じ道に何回も戻ったりする羽目になった経験はありませんか?

まずは、Googleマップについてしっかりと理解しましょう!

デフォルトでは北向き

Googleマップは、スマホの上側が北を向いた状態で起動します。

Googleマップ

なので、スマホ画面に表示される地図が固定されたまま、指示された案内通りに進むことになります。

ただし、Googleマップの上側を北向きの状態で使うには、現在の方角を理解しておかなくていはいけません。

とはいっても、Googleマップを使う前から方角がわかっていれば苦労しませんよね。

実は、進む方角を気にせずスマホの向きに合わせた案内をしてもらえる方法があることをご存知でしょうか?

スマホの向きに合わせたマップの向きとは?

地図の向きをスマホの向きに合わせることで、Googleマップをより直感的に使うことが可能です。

Googleマップ

たとえば、マップを北向きのまま利用して十字路に差しかかったときに、進行方向が右なのか左なのかわからなくなってしまうことってありませんか?

このとき、Googleマップの向きをスマホの向きに合わせると、スマホを傾けるだけで進行方向をチェックすることができるんです。

つまり、方角を意識せずスマホを傾けるだけで進行方向の確認ができるので、道に迷いにくくなります。

方角をいまいち把握できていない場合、指示通りに進んでいたのに「マップを確認したら逆方向だった」といったトラブルがあります。

そのため、マップを固定したまま地図を見ながら歩くのは、常に方角を意識していないと間違う危険性が高いです。

方角に自信が持てないのであれば、現在地を固定して進行方向がスマホと同じ向きの状態でGoogleマップを利用することをおすすめします。

Googleマップの方角をスマホの向きに合わせる方法

Googleマップの方角をスマホの向きに合わせるには、「コンパスモード」を使います。

「コンパスモード」を使う場合、実は1タップで変更できますよ。

まずは「コンパスモード」について詳しく解説しますね。

使うのは「コンパスモード」

コンパスモードとは、地図を北向きに固定しないで常にスマホで進行方向をチェックできるモードです。

先ほど説明したとおり、デフォルトの状態では、北の方角が上側に固定されますよね。

コンパスモードにすることで、地図が固定されないので方角を自動で調節できますし、スマホを傾けるだけで進行方向をチェックすることが可能です。

では、続いて「コンパスモード」に変更する方法をご紹介します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。