『かわいい』が生まれる場所。

AppleIDは複数作成できる?複数アカウントのメリット&作成方法

AppleIDは複数作成できる?複数アカウントのメリット&作成方法

AppleIDは、iPhoneやiPadを利用する上で欠かせないもの。あなたはどんなIDを設定していますか?

実はこのAppleID、複数作成して利用することができるんです。

AppleIDを複数利用することで、アプリのダウンロード履歴が残らないように切り替えたり、iCloudの容量を増やしたりすることができます。

それでは、どのように複数のAppleIDを利用できるのか、AppleIDの発行方法、メリット・デメリットなどをご紹介します。

AppleIDは複数持てる?

AppleIDを端末別や用途別で使い分けるために、複数のアカウントを作成したいと思っている人も多いでしょう。では、そもそもAppleIDは複数作成することが可能なのでしょうか?

AppleIDの複数作成は可能!

AppleIDには、個人情報や購入履歴などのプライベートな情報が記録されているため、Apple公式では、管理しやすいように1人1つのアカウントの使用を推奨しています。

ですが、「アカウントを複数作成してはいけない」と、ルールで決められているわけではありません。ですので、メールアドレスを複数作成することができれば、AppleIDのアカウントを複数作成することが可能です。

AppleIDを複数持つときの注意点とは?

同じメールアドレスでAppleIDを複数作成することはできない

AppleIDは複数作成しても問題はありませんが、同じメールアドレスでAppleIDを複数作成することはできません。ですので、例えばAppleIDを2つ作成したい場合は、違うメールアドレスを2つ用意しておく必要があるということです。

ただ、YahooメールやGoogleメールなどのフリーメールアドレスでもAppleIDに登録することができるので安心して下さい。

一度作成したAppleIDは削除できない

AppleIDは、一度作成すると削除することができません。そのため、作成したAppleIDが必要なくなったとしても、アプリの購入履歴や登録した個人情報が残り続けることになります。

ですから、もしAppleIDが必要なくなった場合は、捨てアドに変更して、登録されている個人情報は適当なものに変更し、クレジットカード情報はきちんと削除しておくことをおすすめします。

AppleIDを複数持つメリット・デメリットとは?

AppleIDを複数持つことによるメリットはたくさんありますが、その一方でデメリットも存在します。では、AppleIDを複数持つメリットとデメリットをそれぞれ詳しくチェックしていきましょう。

使えるiCloudの容量が増える

AppleIDを作成すると、写真やメールなどの様々なデータがクラウド上で保存できる「iCloud」を利用することができます。ちなみに、無料であれば5GB以内のデータが保存でき、それ以上の容量のデータを保存するためには月額料金を支払う必要があります。

iCloudの容量 月額料金
5GB 無料
50GB 130円
200GB 400円
2TB 1,300円

ですが、AppleIDを複数作成することによって、月額料金を支払わずにiCloudの容量を増やすことが可能になるのです。例えば、10GB分のデータを保存したい時、1つのアカウントだけだと、50GBのプランを契約する必要があるため、月額130円支払う必要がありますね。

ですが、2つアカウントを作成すれば、5GB+5GB=10GBになるので、無料で10GB分のデータを保存できるというわけです。

動画や音楽などの大容量のデータを保存したい方は、アカウントを作成するのも大変ですし、いちいち切り替えを行うのも面倒なので、有料プランを契約された方が使い勝手が良いでしょう。

あと数GBあれば十分という方は、複数のAppleIDを作成して容量を増やした方がお得です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。