『かわいい』が生まれる場所。

Twitterの公式マーク(認証バッジ)とは!一般人が申請しても良い?

Twitterの公式マーク(認証バッジ)とは!一般人が申請しても良い?

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

海外では煽り合い??

日本の企業同士のやり取りは仲が良いような印象を受けますが、海外だとそうはいかないようです。

これはエナジードリンクで有名な企業同士であるモンスターエナジーとレッドブルのやり取りです。話の内容はこんな感じです。

モンスターエナジー「このドリンク、どこに届けようかな〜?」
レッドブル「ゴミ箱の画像(ゴミ箱に捨てな)」

なかなか強烈な内容ですね。。。そしてこれに対するモンスターエナジーの返しがこれです。

モンスターエナジー「ごめん、君の家(ゴミ箱)には持っていけないよ」

なんとも海外らしいやり取りですね。面白半分であることを願いますが、このようなやり取りはファンからとても反響があるようです。

Twitterの公式マーク(認証バッジ)を付ける方法

ここまでは公式マークがつく条件について解説しました!ここからは条件を満たした場合にどうすれば公式マークが付くのか解説していきます!

Twitterから提案される

最近だと、元関ジャニ∞の錦戸亮さんのツイートが話題になりましたよね。

錦戸さんが公式マークの付け方がわからない。とつぶやいたところ、様々な企業の公式アカウントがTwitterの公式アカウントに対し呼びかけを行いました。

多方面からのツイートをきっかけに、Twitterが「社会的に関心の高いアカウントである」と判断し、公式マークを付けました。

みなさんも興味深い情報を発信し続ければいつかTwitterから声がかかるかもしれませんね!

Twitterへ申請する

以前までTwitterは、認証リクエストの機能がありました。これはユーザからTwitterに対して「私のアカウントに公式マークを付けてください!」と申請できる機能です。

Twitterは現在、認証リクエストの機能を停止しています。

そのため、現状ですと、公式マークが付く条件を満たしていたとしても、Twitterからの提案がなければ公式マークをつけることはできませんので、ご注意ください。

Twitterの公式マーク(認証バッジ)は一般人でも付けられる?

ここまで説明したように、公式マークはインフルエンサーや有名企業のアカウントが本物であることを証明するためにとても大切な機能の1つとなっています。

ここでこの記事を読んでいる方の中には、「一般の人は公式マークを付けられないの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?ここでは、一般の方が使用しているアカウントに公式マークを付けることができるかどうか、解説していきます!

ほぼ不可能

結論としては、残念ながらほぼ不可能です。ここまでの記事を読んでいただければ、なんとなく察しがつくとは思いますが、公式マークは世間から多くの関心を持たれているアカウントでないと付けることができません。

もし一般の方が公式マークを付けたいと思った場合、自分のインフルエンサーとしての自覚や世間に与える影響などについてTwitterに向けてアピールする必要があります。かなりの影響力を持っている方でないと公式マークを付けるのは厳しいでしょう。

とはいったものの、可能性としてはゼロではありませんので、公式マークをどうしても付けたい方は何かしらのアクションが必須であることを理解しておきましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。