『かわいい』が生まれる場所。

Twitterの公式マーク(認証バッジ)とは!一般人が申請しても良い?

Twitterの公式マーク(認証バッジ)とは!一般人が申請しても良い?

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

偽の公式マークにご注意

Twitterの公式マークは青い背景にレ点というデザインになっています。このマークに似たデザインの絵文字を使用した悪質なアカウントがいくつか発見されており、それらのアカウントは凍結されています。

公式マークに似ていたり、連想させたりするような絵文字を名前やプロフィールに使用している方は今すぐその絵文字を削除しましょう!凍結されてしまうかもしれません!

悪意がなかったとしても、そのような絵文字を名前やプロフィールに含めるのは悪質な行為とみなされてしまいます!

POINT

  1. 一般人が公式マークを付けることはほぼ不可能
  2. 認証リクエストは停止中
  3. 公式マークは削除されることがある
  4. 偽マークは使っちゃダメ!

一般の方でも付けられないわけじゃない!

今回はTwitterの公式マーク(認証バッジ)について解説しましたが、いかがだったでしょうか?公式マークはトラブルを避けるための大切な役割をしている欠かせない機能です!

残念ながら今のところは一般の方にマークが付くことはほぼないと思いますが、インフルエンサーになることができればその可能性は大きくなります!

もし自分がインフルエンサーであるという自信のある方は、これからも積極的に情報を発信して、自分がインフルエンサーであるということをアピールしましょう!気がつくと自分の名前の隣に青いマークが付いているかもしれません!

これからもルールを守ってTwitterを利用しましょう!

アイキャッチ出典:Unsplash

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。