『かわいい』が生まれる場所。

LINEでメッセージを複数のトークに一斉送信する便利な裏ワザをご紹介!

LINEでメッセージを複数のトークに一斉送信する便利な裏ワザをご紹介!

「メリークリスマス!」や、「明けましておめでとう」など年末年始のご挨拶や、複数の友だちとの待ち合わせ、職場などでの事務的な業務連絡など、同じ内容のメッセージを同時に複数の人やグループに送りたいときがありますよね?

そんなときに、一人一人個別に個別送信するのではなく、一斉送信出来たら便利なのにな、と思ったことはありませんか?

メールと違い、LINE自体には「個別一斉送信」機能はありません。

しかし転送(シェア)機能を利用すれば、わざわざグループを作ったり、コピペしてひとつひとつ送る手間をかけずに、同じメッセージを簡単に一斉送信することができるんです!

今回は、気になる、LINEの「転送(シェア)機能」を使用して、メッセージを一括送信する方法についてまとめて紹介していきます!

「LINE」のその他の記事

LINEで一斉送信はできる?

そもそも、LINEで「一斉送信」することは可能なのでしょうか?漠然と「一斉送信」というワードを聞いても、具体的なやり方がよくわからない、という方も多いはずです。

そんなお悩みを解決するために、今回は、LINEでの転送(シェア)機能を利用した一括送信の方法について説明していきます。

LINEで複数人にメッセージを送るならグループチャット

LINEでメッセージを一斉送信したい場合に、多くの人が利用しているのは、グループチャットを作成して送信する方法です。

複数の人をまとめてグループにし、そこにメッセージを入れることで、複数の人に同時に伝えることができます。

学校のクラスやサークル、家族など、いくつものグループがLINE上にあるのではないでしょうか。

このグループ内にいる人達に一度に伝えたいことがある場合は、グループのトークにメッセージを送るのが便利です。

ちょっと話が逸れますが、グループの人数が多すぎてメッセージを送るのに緊張してしまう場合には、メッセージの入力に失敗しても誰にも見られずに安心な、自分だけしかメンバーのいない、自分専用のグループチャットを作成するのがおすすめです。

LINEで自分だけのグループを作って活用する方法

グループに送る際のデメリットは、グループ内のすべての人に見られてしまうことと、グループ内の人全員に同時に送っていることがわかってしまうこと、グループ以外の人に送れないこと、です。

「あけおめ」などのメッセージは、グループ外の人にも送りたいですし、一人ひとりに送っている方が丁寧で印象も良いですよね。そんなときにはグループに送るのはちょっとちがうかもしれません。

LINEに「個別一斉送信」機能はない

 
メールであれば、宛先のToやCc、Bccにアドレスを複数入力することで、同じメッセージを同時に複数の人に送れますよね。このとき、Bccにメールアドレスを入れれば、誰に送ったかは他の人にはわからないように一斉送信ができます。

LINEには、メールと違って「アドレス」にあたるものがないため、残念ながら、一斉送信できるような機能はついていません。

トークルームを作成するときに、複数の宛先を選択すれば一斉送信は可能ですが、誰が選択されているかが全員にわかってしまうため、あけおめメッセージなどを送る際には適さないですよね。

しかし、その代わりに、「転送(シェア)機能」を使えば、

POINT

  • 友だち
  • グループ
  • トーク

に、指定した同じ内容のメッセージを送ることができます!

LINEで一斉送信するには「転送」を使う

LINEでメッセージを一斉送信するときには、転送(シェア)機能を使います。

自分だけのグループを作成し、そこにメッセージを「下書き」して、それをみんな転送(シェア)して一括送信します。

この方法を使えば、メッセージを受け取る相手にバレることなく、同じ内容のメッセージを複数人に送ることができます。

LINEで一斉送信する手順を解説!

それではここからは、転送(シェア)機能の具体的なやり方を見ていきましょう!

今回は、初めての方でも安心してお試ししやすい、自分専用のグループを作ってから一斉送信する方法について説明していきます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。