『かわいい』が生まれる場所。

AndroidからiPhoneへ乗り換える方法とは?データ移行や注意点を解説!

AndroidからiPhoneへ乗り換える方法とは?データ移行や注意点を解説!

Google Play

iPhoneでは、Google PlayではなくApp Storeを利用してアプリをインストールします。操作方法はそこまで変わりませんが、Google PlayよりもApp Storeの方がセキュリティが高いといわれることが多いです。

SDカード

iPhoneでは、SDカードを本体に挿入することができません。そのため写真や動画の保存は、本体もしくはクラウドサービスを利用します。

たとえば、

  • iCloud
  • Googleドライブ
  • OneDrive
  • Dropbox

などがよく使われています。

iPhoneでも、PCを経由すればSDカードに写真や動画を保存できますが、時間や手間がかかってしまううえ、あまり意味が無いのでおすすめしません。

AndroidからiPhoneへのデータ移行は簡単!乗り換えのタイミングに合わせて設定しよう

今回の記事では、AndroidからiPhoneに乗り換えする際のデータ移行について解説しました。

AndroidからiPhoneにデータ移行するには、

  1. 「Move to iOS」を使う
  2. Googleドライブ、OneDriveなどを使う
  3. 「JSバックアップ」を使う
  4. 携帯キャリアが提供するアプリを使う

といった方法がありましたね。自分に合った方法でデータを移行することができます。

また、乗り換える際は

  • 「おサイフケータイ」はAndroidだけの機能
  • キャリアを乗り換えるとキャリアメールが使えない
  • アプリごとにデータ移行をしなくてはいけないことがある
  • LINEアカウントの引き継ぎは慎重に行う

といったポイントに注意してください。

AndroidからiPhoneに乗り換えて、データが消えてしまったら後悔が残りますよね。せっかく気分一新できるスマホ乗り換えなので、丁寧に一つずつ手順を進めてデータ移行をしてみてくださいね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。