『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneでよく使われる絵文字の意味とは?項目別に一挙大公開!

iPhoneでよく使われる絵文字の意味とは?項目別に一挙大公開!

iPhoneには、バリエーション豊かな絵文字があります。項目も多岐に渡りますし、笑顔一つとっても様々な笑顔があります。

また、普段こうだと思って使っていた絵文字が実際は少し意味が違う事もあるのです!

人によっては、絵文字で微妙な心理戦が行われることもあるとか。

男女間や友達同士でちょっとした駆け引きをしたり、気持ちに寄り添ったりすることもできます。

そんなiPhoneの絵文字の意味について一挙に大公開しますので、参考にして下さいね!

絵文字の使い方がポイント!おじさんLINEごっこ

Contents[OPEN]

iPhoneの絵文字の意味《表情編》

iPhoneの絵文字は活用していますか?文字だけのやり取りだけだと味気なく感じても、絵文字がある事で感情がより正確に伝わったり、楽しくなったりします。今回はiPhoneの絵文字の意味を解説していきましょう。

解説をする前に、大まかなジャンルで分けると、下記のような絵文字があります。

iPhoneの絵文字の意味の大まかなジャンル

  • iPhoneの絵文字の意味《表情編》
  • iPhoneの絵文字の意味《ジェスチャー編》
  • iPhoneの絵文字の意味《人物編》
  • iPhoneの絵文字の意味《動物・食べ物編》
  • iPhoneの絵文字の意味《道具編》
  • iPhoneの絵文字の意味《記号編》

そして、iPhoneの絵文字の意味《表情編》は下記の通りです。

iPhoneの絵文字の意味《表情編》

  • 笑顔
  • 泣き顔
  • しかめっ面
  • キス顔
  • 不安な顔
  • 青ざめた顔
  • 汗かいている顔
  • 体調不良の顔
  • 無表情な顔
  • おどけた顔
  • 考え込む顔
  • ハグの顔
  • 逆立ち(?)している顔
  • めがねの顔
  • サングラスの顔
  • 「キラーン」となっている顔
  • 落ち込んでいる顔
  • にやけている顔
  • 白けている顔
  • 困っている顔
  • 疲れ顔
  • びっくり顔
  • 秘密にしてねの顔
  • お口にチャックの顔
  • 猫の表情
  • 人間ではないものの表情

笑顔

笑顔の絵文字

一番よく使う絵文字としては、笑顔の絵文字が圧倒的に多いのではないでしょうか。

例えば「もう良いよ。」とだけ書かれていると、本当に許しているのか、突き放しているのかが分からないですよね。

でも、「もう良いよ」の後に笑顔の絵文字がついていたら、許してもらえたと思うことが出来ます。

iPhoneの笑顔の意味は、微笑みから爆笑まで、多岐に渡ります。

泣き顔

泣き顔

上記の涙を流している絵文字の意味は、主に泣き顔です。

ちょっと残念だなという時に、よく使うのではないでしょうか。

本当に泣く時もそうなのでしょうけれど、急に予定がダメになった時に、「本当にごめんね(泣く絵文字)また、会おうね(笑顔)」という言い方をします。

しかめっ面

しかめっ面

上記の絵文字の意味はしかめ面、つまり怒った顔です。

怒った顔もバリエーション豊かですよね。

この絵文字を使う時は、本気で怒る時より冗談でひどいことを言われた時に、使う人が多いでしょう。

また怒っていても修復の余地がある時に、これらの絵文字を使う事があります。

キス顔

キス顔

口をとがらせているiPhoneの絵文字の意味は、キスを意味します。

恋人同士のやり取りだったり、女性同士でしたら非常に仲が良い同性に対して使う事が多いのではないでしょうか。

キス顔だけでも、バリエーション豊かです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。