スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneでよく使われる絵文字の意味とは?項目別に一挙大公開!

iPhoneでよく使われる絵文字の意味とは?項目別に一挙大公開!

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

Contents[OPEN]

星座

星座1

星座2

星座の記号も絵文字としてはあります。

占い好きであれば、使わない手がないくらいにちょうど良い絵文字ですね。

ネット上の友達など実際に会わない友達への自己紹介としても使える可能性が高いです。

文末のマーク

文末のマーク

こちらも、予測変換で容易に出てくる絵文字ですので、使いやすいでしょう。

強調したい時に特に便利です。

ビックリマークなどは、驚きをより強調して表現できる一面があり、気持ちが伝わりやすいです。

数字

数字

数字の絵文字は使う人と使わない人に分かれてきますが、強調したいときにちょうど良いでしょう。

矢印

矢印

上の文章や下の文字を読んでほしい時に強調するように、矢印を付けるという方法もあります。

また、再生ボタンや繰り返しボタンなど音楽にも使える矢印があります。

一口に矢印と言ってもいろいろとありますね。

数学の記号

数学の記号

算数の記号もまた、絵文字であります。

「かける」とか「わる」と入れると予測変換でも出てくるので、とても使いやすいですよ。

日常生活でも割り勘にするときに使うなどで便利な絵文字です。

もちろん、絵文字ではなく普通の文字としてもあるので、使い分けが効きます。

丸、三角、四角、ひし形

丸、三角、四角、ひし形

強調したい事は、敢えて絵文字の記号を使う事もあるでしょう。

上記の絵文字は、強調したい時にちょうどいいです。

「まる」「さんかく」などと文字を入れるだけで変換候補にも出てくるので、使いやすいですよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。