『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの写真をWindows10のパソコンに取り込む方法

iPhoneの写真をWindows10のパソコンに取り込む方法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

iPhoneの写真をWindows10のパソコンに取り込む方法《ソフトウェア》

ソフトウェアを使ってiPhoneの写真をWindows10のパソコンにインポートする方法です。

エクスプローラーやクラウドだけでなく、ソフトウェアを使用して簡単に写真を取り込むこともできます。

こちらの方法も是非、参考にしてみてください。

ApowerManagerで写真をインポートする

ApowerManagerとiPhoneを接続します。

ApowerManagerは、パソコンとiPhoneを「Lightning – USBケーブルで繋ぐ」もしくは「同じwi-fiに繋ぐ」ことで接続できます。

ApowerManagerを開いてどちらかを選択しましょう。

エクスプローラー

接続が完了したら、「管理」をクリックします。

エクスプローラー

パソコンにインポートする画像を選択していきます。インポートする写真を選択して「フォルダをインポート」をクリックします。

エクスプローラー

画面右上にインポート中の写真のプロセスが確認できます。

読み込みが完了したらパソコン内に選択した写真のインポートが完了になります。

Apower Managerサイト

DearMob iPhoneマネージャーで写真をインポートする

DearMob iPhoneマネージャーで写真をインポートする方法です。

DearMob iPhoneマネージャーを起動する前にiPhoneとパソコンを接続しておく必要があります。

接続が完了したら、DearMob iPhoneを起動して「写真転送」をクリックします。

エクスプローラー

インポートしたい写真を選択します。

エクスプローラー

上部に「エクスポート」から「HEICをJPGにエクスポート」を選択すれば完了です。

DearMob iPhoneマネージャー

All Filesで写真をインポートする

All Filesを使って写真をインポートする方法です。All Filesは、ios向けのソフトウェアになります。

iPhoneとパソコンを接続してからAll Filesを起動し、「デバイスマネージャー」をクリックします。
※iPhoneが接続されている場合、デバイスマネージャーの下にiPhoneと表示されます。

ト

「写真」のファイルをクリックします。

エクスプローラー

カメラロールのフォルダをクリックします。

エクスプローラー

パソコンにインポートする写真を選んだら、右上の雲に下矢印(PC転送と表示がでる)をクリックします。

エクスプローラー

保存先を選んで「OK」を押せば終了です。

All Filesサイト

.heicという見慣れない拡張子になってしまった…

iPhone出撮影した写真をPCに取り込むと、「.heic」という拡張子になっていることがあります。これは、iPhone独自の画像の拡張子。変換ソフトを利用してjpg等に変換したり、予めheicを使用しないようにiPhone側を設定しておくなど、対策はいくつかあります。

詳しくは、こちらの記事を見てみてくださいね。

iPhoneで撮った写真が変な拡張子.heicになってる!PCで見れない!って人のために解決方法をまとめました。

パソコンにiPhoneの写真を取り入れる方法はたくさん!

今回の記事では、iPhoneからWindows10のパソコンに写真をインポートする方法について解説しました。

インポートする前にもいくつか準備しておくことがあり、ケーブルの用意や写真の整理、iTunesの設定などしておく必要があります。

写真をインポートするなら、基本的にLightning – USBケーブルが必要となりますので、お持ちでない方は事前に準備しておきましょう!

Lightning – USBケーブルがない場合は、クラウドを使って写真をインポートできますがアカウントを作成する必要があるため、どちらがやりやすいか自分のお好みの方法で試してみるとよいでしょう。

自分で簡単にできる方法をチェックして、写真をどんどんインポートしてみてくださいね!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。