『かわいい』が生まれる場所。

AndroidでLINEの「既読」をつけずに読む方法3選【超最新版】

AndroidでLINEの「既読」をつけずに読む方法3選【超最新版】

私たちの日常生活に欠かせない、人気のメッセージサービス「LINE」。

実際、初対面の人と連絡先を交換する場面で、まずLINEを使用しているかどうかを相手に確認することも多いのではないでしょうか。

そんなLINEの代表的な機能の一つに、「既読」機能があります。

メッセージを送信した人にとっては、相手がメッセージを読んでくれたかどうかを既読マークの有無で簡単に確認できるため、便利ですよね。

しかし、メッセージを受信した人にとっては、既読がつくことで「早く返信しないと、相手が不安に思うのではないか」というように、心理的なプレッシャーを感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

このように、便利な機能でありながらも何かと気疲れしてしまいやすい既読機能ですが、実は、既読をつけずにLINEのメッセージを読むことができるんです!

そこで今回「APPTOPI」では、Androidユーザーを対象に、既読をつけずにLINEのメッセージを読む方法について、以下のポイントを中心に詳しく解説していきます!

POINT

  1. 通知バーから読む
  2. 機内モードで読む
  3. 既読をつけずに読むためのアプリで読む

画像つきで分かりやすく説明していくので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!
※設定内容はAndroidのOSや機種によって異なる可能性があるため、ご注意ください。

Androidは既読をつけずにLINEを読めない?

Androidユーザーの皆さんは、既読をつけずにLINEのメッセージを読む方法についてご存じですか?

もしかすると、「iPhoneに比べて、Androidの方がLINEで既読をつけずにメッセージを読むのがめんどくさい」というような話を聞いたことがあるかもしれません。

たしかに、一部のiPhoneではLINEのトークルームを長押しすることで簡単に既読をつけずにメッセージを読むことができますが、残念ながら、この長押しによる方法はAndroidで試すことはできないようです。

しかし、Androidユーザーだからといって諦める必要はありません!iPhoneに比べて少し手間はかかってしまいますが、Androidでも既読をつけずにLINEを読む方法がいくつかあるんです!

それでは、さっそく既読をつけずにLINEを読む方法について見ていきましょう!

AndroidでLINEの既読をつけずに読む方法《通知バー》

最初に、通知バーでLINEのメッセージ内容を確認する方法について解説します。

通知バーにメッセージの内容を表示させるために、LINEの設定とAndroid端末本体の設定を確認していきましょう。

それでは、さっそくLINEの設定から見ていきます。

まず、LINEのホーム画面を開き、右上にある「設定」ボタンをタップしましょう。

LINEホーム画面

設定画面が開いたら、基本設定の「通知」をタップしてください。

LINE設定画面

通知画面が開いたら、一番上にある「通知」にチェックをつけ、通知をONにします。

LINE通知画面

また、通知画面の「メッセージ通知の内容表示」にも忘れずにチェックをつけてください。

LINE通知画面_メッセージ通知の内容表示

続けて、通知画面の「メッセージ通知」をタップしましょう。

LINE通知画面_メッセージ通知

ここからは、Android端末本体の設定に移ります。

Android端末本体の通知のカテゴリ画面が開いたら、「通知の表示」をONにします。

Androidメッセージ通知画面

続いて、通知のカテゴリ画面の「動作」をタップしてください。

Androidメッセージ通知画面_動作

状況に応じて、「音と通知のポップアップ表示」、「音と通知表示」、「通知表示のみ」のいずれかを選択します。

※画面上にポップアップメッセージを表示したい場合は、「音と通知のポップアップ表示」を選択してください。

ここでは、 「音と通知のポップアップ表示」を選択した場合の画像を使用しています。

Androidメッセージ通知画面_動作ポップアップ

LINEのメッセージを受信すると、通知バーからメッセージ内容を確認できるようになりました。

Android通知バー_LINE

このようにLINEとAndroid端末本体の通知設定をすることで、LINEの既読をつけずにメッセージを読むことができるんです!

AndroidでLINEの既読をつけずに読む方法《機内モード》

次に、機内モードをONにした状態でLINEのメッセージ内容を確認する方法について解説します。

機内モードは、飛行機に乗る際などに、スマートフォンなどの端末が電波を出さないようにするための機能ですね。

この機内モードをONにした状態でLINEを読む方法ですが、機内モードの設定自体は比較的簡単にできるため、すぐに試してみようと思うかもしれません。

しかし、この機内モードで既読をつけずにLINEのメッセージを読む方法は一時的にしか使用することができないため、あまりおすすめはできないんです。

そのため、あくまでも、少しの時間だけ使える方法として、参考にしてみてくださいね。

まず、Android端末の機内モードをONにします。

Android機内モード設定画面

機内モードをONにした状態で、LINEの未読メッセージを開いてみましょう。

LINEトーク一覧画面

この時点では、インターネットに接続していない状態のため、メッセージを読んでも相手のLINEに既読マークはつきません。

LINEトーク画面

ここで、注意が必要です!

LINEを開いた状態で機内モードを解除しないようにしてください!ここで機内モードを解除してしまうと、インターネットに接続され、さっそく相手のLINEに既読がついてしまいます。

機内モードを解除する前に、起動中のアプリ一覧画面を確認し、必ずLINEのアプリを終了させましょう。

アプリ一覧画面確認ボタン

アプリ一覧画面

LINEのアプリを終了させたら、機内モードを解除してください。

機内モード設定画面_解除

これで、一時的に既読をつけずにメッセージを読むことができます。

ただし、次回LINEを開いたときに、既読がつくようになっているようです。そのため、既読をつけたくない場合は、LINEを開くことができません。

さきほども触れたように、機内モードで既読をつけずにLINEのメッセージを読む方法は、次にLINEを開くまでの一時的な方法となっています。

また、機内モードを解除する前にLINEを終了させるという手順を忘れてしまう場合も考えられるため、この方法を試す際には注意してくださいね!

AndroidでLINEの既読をつけずに読むためのおすすめアプリ

これまで、LINEやAndroid端末の設定を変更することで、LINEの既読をつけずにメッセージを読む方法をご紹介してきました。

しかし、LINEの通知を削除してしまいメッセージ内容が確認できなかったり、LINEを終了する前に機内モードを解除してしまったりして、なかなかうまくいかない場合もあるかもしれません。

今までご紹介した方法以外にも何か別のやり方はないのかな?と思った方も多いのではないでしょうか。

ご存知でない方も多いかもしれませんが、実は、LINEの既読をつけずにメッセージを読めるアプリがあるんです!

そこで、LINEの既読をつけずに読むためのおすすめアプリをいくつかご紹介します。

POINT

  • のぞきみ
  • 無既読
  • 既読回避サポーター

こうしたアプリには、通知バーに表示されるLINEのメッセージの内容を取得するという仕組みがあります。

そのため、通知設定をしておけば、LINEを開かなくてもメッセージを読むことができるんですね。

LINEの既読をつけずに読むためのアプリを使う前に、先ほどご紹介した方法を参考にして、通知バーにLINEのメッセージ内容が表示されるように設定してみてください。

それでは、それぞれのアプリの特徴と使い方について見ていきましょう!

のぞきみ

のぞきみ」は、LINEだけでなく、Facebook MessengerやTwitterのメッセージを既読をつけずに読むことができるアプリです。

「のぞきみ」を使うと、LINEではメッセージだけでなく、写真、スタンプ、ボイスメッセージも既読をつけずに確認することができるんです。

それでは、そんな「のぞきみ」の使い方を見ていきましょう!

まず、「のぞきみ」をインストールし、アプリを開きます。

のぞきみアプリ

「ご利用には設定が必要です」というポップアップが表示されたら、右下の「設定する」をタップしてください。

のぞきみアプリ_設定画面

Android端末本体の通知へのアクセス画面が開いたら、「のぞきみ」をONにしましょう。

Android通知へのアクセス画面

その後、LINEのメッセージを受信すると、LINEの通知に加えて「のぞきみ」の通知も表示されます。

のぞきみアプリ通知画面

「のぞきみ」を開くと、LINEのメッセージを既読をつけずに読むことができますよ。

のぞきみアプリトーク一覧画面

のぞきみアプリトーク画面

LINEを確認してみると、さきほど読んだメッセージが未読になっていることが分かります。

LINEトーク一覧画面_のぞきみ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。