『かわいい』が生まれる場所。

iTunesのバックアップパスワードを忘れた時の対処法!裏技も伝授

iTunesのバックアップパスワードを忘れた時の対処法!裏技も伝授

iPhoneやiPadに保存しているデータは、iTunesを使ってバックアップをとっておけますが、バックアップデータを復元する時にパスワードの入力が求められることがあります。

その場合、パスワードを正しく入力しないとバックアップデータを復元することができません。

では、iTunesのバックアップパスワードを忘れてしまった場合、一体どのように対処していけば良いのでしょうか。

そこで今回は、iTunesでバックアップパスワードを忘れた時の対処法や裏技をご紹介していきます。

「iPhone」の記事一覧

【iTunes】バックアップのパスワードとは?

flower

iTunesのバックアップのパスワードとは、Appleデバイスとパソコンを接続してiTunesでバックアップをする際、バックアップデータの暗号化を有効にした時に設定するパスワードのことです。

Appleデバイスのデータは基本暗号化しなくてもバックアップができますが、それだとパスワードを入力しなくても復元ができてしまうため、第三者に勝手にバックアップデータを復元されて悪用されてしまう恐れもあります。

ですが、バックアップデータにパスワードをかけておけば、正しいパスワードを入力しないと復元できないため、第三者にバックアップデータを勝手に復元されることもないでしょう。

なお、以下の4つのデータはパスワードを設定して暗号化しないとバックアップできません。

  • 保存したパスワード
  • Wi-Fi設定
  • Webサイトの履歴
  • ヘルスケアデータ

【iTunes】バックアップのパスワードを忘れたら?

バックアップパスワードをリセットする手順

iTunesでバックアップデータを復元する作業は頻繁にやるものではないので、バックアップをとる時に設定したパスワードをうっかり忘れてしまうこともあるでしょう。

ですが、バックアップパスワードを忘れてしまうと、バックアップデータが復元できなくなってしまいます。

では、バックアップパスワードを忘れてしまった場合、一体どのように対処していけば良いのでしょうか?

パスワードの変更/解除はできない

iTunesのバックアップパスワードですが、パスワードを変更する時や解除する時には、設定したパスワードの入力が求められます。

バックアップパスワードを忘れてしまうと、パスワードを変更したり、解除することはできないというわけです。

iOS 11以降ならパスワードの再設定が可能

iTunesのバックアップパスワードを忘れてしまうと、パスワードの変更や解除もできなくなり、それに伴ってバックアップデータも復元できなくなってしまいます。

ですが、iOS11以降のAppleデバイスを使っていれば、バックアップ時に設定したパスワードを忘れてしまっても、新しくパスワードを設定し直せるようになりました。

パスワードを再設定すれば、それ以降はバックアップの再作成や復元が行えるようになります。

自分が設定しそうなパスワードを手当たり次第に入力

iTunesのバックアップのパスワードを忘れた時の対処法は後ほどご紹介しますが、まずは自分が設定しそうなパスワードを手当たり次第に入力してみましょう。

なお、iTunesに設定していそうなバックアップパスワードとしては、以下のようなパスワードが挙げられます。

  • LINEやTwitterなどのSNSで使用しているパスワード
  • Apple IDで使用しているパスワード
  • パソコンのログインパスワード
  • iPhone端末のパスコード

以上と同じパスワードを使いまわしている可能性も十分にあるので、まずは総当たりでパスワードを入力してみて下さい。

なお、端末のパスコードの場合は10回入力を間違えると強制的にiPhoneが初期化されてしまいますが、iTunesのバックアップパスワードの場合は、何回間違えてもロックされることはないので安心して下さいね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。