『かわいい』が生まれる場所。

キャンディクラッシュのデータ引き継ぎ徹底解説!アイテム復元方法も!

キャンディクラッシュのデータ引き継ぎ徹底解説!アイテム復元方法も!

ついつい空き時間に、と思って始めたパズルゲームに夢中になって遊んでしまう事ってありますよね。「キャンディクラッシュ」はかわいいキャンディたちを連鎖させて次々とクラッシュさせる爽快なパズルゲームです。

夢中になって遊んでいるうちにレベルも進んで、ちょっと遊んだだけではたどり着けない領域に足を踏み入れているあなたのような人にとって、機種変更はもはや苦渋の道です。

でも大丈夫です!ちゃんと進めたデータを消さずに引き継ぐ方法があるんです。おちついてデータを引き継いで、さらなるキャンディクラッシュの世界を追求しましょう。

キャンディクラッシュとは?

キャンディクラッシュ

キャンディクラッシュは、とってもシンプルなパズルゲームです。形や色が違ういろいろな種類のキャンディを3つ以上つなぎ合わせることでキャンディがはじけ飛び、合体して大きなクラッシュを起こすアイテムになったり、アイテム同士をつなぎ合わせて合体させたりすることでより多くのキャンディをクラッシュできるというシステムです。

登場するキャンディの種類はステージ(レベル)を進めることで次第に増えていきます。最初はほんの4種類ほどしかキャンディが登場しませんが、次第にレベルとともに増えていくキャンディの種類にしたがって難易度が各段に上がっていきます。

そんなキャンディクラッシュはシリーズ化されていて、いくつかの派生ゲームも用意されています。合計で3000億人がプレイしている超人気アプリだけに、数百レベルまで攻略したデータは、なんとかして引き継ぎたいところですよね。

キャンディクラッシュの2通りの引き継ぎ方法

キャンディクラッシュ

キャンディクラッシュのデータの引き継ぎを行えるようにするのはとても簡単です。キャンディクラッシュを運営している会社に、あなたの攻略データを保存してもらえるように登録するだけですので、それほど大きな手間は必要ありません。

保存してもらえるようにするための方法は以下の二つの方法があります。

保存方法

  1. Facebookアカウントと連携する
  2. 運営元のKingdomでアカウントを作成する

どちらの方法もとても簡単ですので、お好きな方法で保存できるようにしておきましょう。では、実際にそれぞれのアカウントで保存できるようにするための、具体的な手順を説明します。本当に簡単ですのでまだ登録していない人は、データが消えてしまう前に早めに登録しておいた方が良いですよ。

Facebookアカウントと連携するとは

Facebookのアカウントを使って連携する方法です。具体的には、Facebookのアカウントとキャンディクラッシュのデータを連携させることで、Kingdom上にあなたのゲームデータを保存するスペースを確保するという方法になります。

つまり、FacebookのアカウントとKingdomのデータを連携するというのは、Facebookのアカウントで疑似的にKingdomのアカウントを作成しているのと同じ事が起きています。

Kingdomアカウントで登録するとは

直接Kingdomのアカウントを作成するというのは、つまりキャンディクラッシュの運営元であるKingdomというサービスで個人登録を行うことで、キャンディクラッシュのゲームデータだけでなく他にもKingdomが運営している宝探しゲームやパズルゲームなどのゲームデータを一挙にまとめて保存できるようになります。

ほかにあるキャンディクラッシュシリーズを遊んでいたり、宝探しゲームなどもインストールしているのであれば、Kingdomのアカウント作成は必須といっても良いでしょう。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。