『かわいい』が生まれる場所。

LINEで「通話中のため応答することができません」を表示させない方法

LINEで「通話中のため応答することができません」を表示させない方法

LINE通話中に着信があったことは、みなさん一度は経験したことがあるかと思います。

現在自分が誰かと通話中かどうか、第三者に知られたとしても問題が無ければ良いのですが、中には自分が通話中だということを知られたくない方もいるでしょう。

自分が今通話中かどうかの情報は、立派な個人情報だと考える人も多くなってきています。しかし、設定を変更しないと発信相手に自分が通話中であることがバレてしまいます。

本記事では、LINE通話中に普通の電話の着信があった際、発信者に自分が通話中であることを知られないよう、「通話中のため応答することができません」という表示をさせない方法や、LINE通話中に他の人から着信があった場合、どのように表示されるのかについて紹介していきます。

LINE通話中に通常電話の着信があったとき

現在では、従来の電話と同等にLINE通話を利用する人が増えてきています。LINEの方がスマホの電話帳よりも登録している友だちの数も多く、何より、何時間通話しても無料であるという点から、安心して利用する方も多いのではないでしょうか。

最初の項目では、過去と現在の性能による違いで通話状態が変わっているのか、実際に着信があった時にどうなるのかという点について、それぞれの立場から見ていきましょう。

従来のスマホLINEと現在の性能の違い

従来の場合、LINE通話中に電話の着信が来ると、強制的にLINE通話が遮断されてしまいました。なぜなら、LINEはアプリ内の通話機能を使用するのに対して、普通の電話はスマホ本来の機能を使っているからです。

当然のことではありますが、アプリよりもスマホ本来の機能を優先的に通知する必要があるため、LINE通話が遮断されてしまうという状態に陥るのでした。また、遮断されると、通話相手には「相手が電話を着信をしました。しばらくしてからもう一度かけ直してください。」とポップアップが表示されてしまいます。

着信通知

しかし、現在では性能が向上しているため、近年発売されているものであれば、LINE通話中に着信があっても強制的に遮断されることがなくなりました。

自分側

下記写真を見てもらえばわかる通り、通話中に普通の着信があると着信画面がでて、操作の対応を求められます。

割り込み着信

  1. 拒否マーク・着信切断
  2. 終了して応答・LINE通話を終了させて着信に出る
  3. 保留にして応答・LINE通話を保留にして着信に出る
  4. 相手が切れるのを待つ・LINE通話が継続される

もちろん着信音が鳴っている間も通話は継続していて、現在では、このように普通の着信が来てもLINE通話が遮断される心配もなくなりました。

従来だと、着信が来る度にLINE通話が途絶えてしまっていたため、ストレスを抱えることも多くありましたが、現在では自分で操作を選べるため、従来に比べてLINEの利便性が向上したと言えるでしょう。

また、後述しますが、LINE通話中に別の人からLINE通話の着信が来ても、自分が話している最中はキャッチが入りません。しかし、普通の電話の着信が来た際は、上記のように画面が変わり、キャッチ音もスピーカー越しになるため、キャッチを受けていることにすぐに気が付けるようになっています。

電話を発信した側

電話を発信している人には、相手が通話中かどうかはわかりません。ただひたすらにコールが鳴り続けるだけになるので、普通の電話では判断できないようになっています。アプリと従来の機能では当然従来の機能が優先されますが、そもそも通話手段が違うので、発信者側はそれに気づくことができないのです。

通話相手側

今までは、普通の電話を相手が受けた時、強制的に遮断されて「相手が電話を着信をしました。しばらくしてからもう一度かけ直してください。」という表示が出ましたが、現在は相手側に選択する余地ができるようになったため、通話を終了した時はトーク画面に通話時間が反映します。

先ほど説明した通り、着信が来てもLINE通話は繋がっているので、相手が電話に出るか出ないかも口頭で分かるようになり、上記のような通知は基本的に来ません。

ただし、「相手が電話を着信しました」のポップアップが表示されることがあります。それは、自分が別のアプリを起動していながら、LINE通話をしている状態の時に通知される場合です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。