『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneと伝言メモ!留守番電話が無料で使える裏技を大公開!

iPhoneと伝言メモ!留守番電話が無料で使える裏技を大公開!

iPhoneから家族や友達に電話をかけても、留守電にならないことはありませんか?

言われてみれば、iPhoneユーザーの人に電話をしても、電話の最後に留守番電話伝言メモにならないですよね。

留守番電話や伝言メモ機能があれば、たとえそのときに電話が繋がらなくても伝えたいことを伝えられます。

もし急ぎの用であれば、すぐに折り返しをしてほしいなどこちらの状況を伝えることもでき便利です。

そもそも、iPhoneには留守番電話や伝言メモ機能があるのでしょうか?

本記事では、iPhoneの留守番電話や伝言メモ機能の設定についてや、伝言メモを無料で使える裏技などを紹介していきます。

iPhoneに伝言メモはある?

iPhone

出典:Pixabay

始めに、iPhone自体に伝言メモ機能が搭載されているのか見ていきましょう。

結論から言うと、iPhoneには伝言メモ機能が存在しません。

ガラケーやIP電話では当たり前のように搭載されていた伝言メモ機能がないのは、少し不便に感じますよね。

ただ、伝言メモがないのであれば留守番電話を使えばよいのでは?と思う人もいるでしょう。

伝言メモと留守番電話、この2つの違いは何だと思いますか?

iPhoneでの裏技を紹介する前に、この2つの違いをはっきりと認識しておきましょう!

伝言メモとは

伝言メモ

出典:Pixabay

まず伝言メモですが、留守番電話と同じように、相手の音声を録音して再生することができます。

伝言メモの音声データは、スマホ本体の内部メモリに保存されます。

基本的には無料で使うことができ、何度でも再生することが可能です。

音声データの保存期限もないため、内部の容量次第では何件でも保存が可能です。

ただし、伝言メモはスマホの電源が落ちている状態だと音声を録音することができません。

そして、電源が入っていても電波が悪いところでは録音ができない場合があります。

圏外の場所や地下などの電波が悪いところでは、録音できない可能性が高いということになります。

留守番電話サービスとは

留守電

出典:photo AC

留守番電話サービスでも相手の音声を録音して再生することができますが、データの保存先がキャリアの留守番電話サービスセンターとなっており、保存期間は3~4日の間に設定されています。

また、保存できる件数も20~30件と決まっており、月額製でサービスを受けることができます。

こう見ると、伝言メモのほうが圧倒的に使いやすいように思われますが、留守番電話サービスはスマホの電源が落ちていても音声データを残すことができます。

そして、圏外や電波が悪いところでも留守番電話を残しておくことができます。

伝言メモと留守番電話サービスにはこのような違いがあり、データの保存先や録音件数に大きな差が表れています。

iPhoneで使える伝言メモアプリはある?

アプリ

出典:Pixabay

iPhoneに対応しているアプリがたくさんある中で、伝言メモ機能のアプリがないのは不思議に思う方もいるかと思いますが、残念ながら、いくら探してもiPhoneのアプリには伝言メモ機能はありません。

この理由には、iPhoneの大本であるAppleが関わってきます。

AppleがiPhoneの構造を発表していないため、アプリを作るにも構造がわからない以上、作りたくても作れないという状態になっています。

構造が発表されていないので、セキュリティ上は安全なアプリが多いのがiPhoneのメリットですが、逆にこういった点ではデメリットになってしまっていますね。

アプリに頼れない場合は別の手を考えるしかありません。

次の項目では、別の手段でiPhoneに留守番電話をつける方法を紹介します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。