『かわいい』が生まれる場所。

iCloudにログインできない原因は何?パスワードやIDを調べる方法も!

iCloudにログインできない原因は何?パスワードやIDを調べる方法も!

iCloudにログインできないときの対処法

iCloudにログインできない時は、以下の5つの対処法を試してみて下さい。

  • パスワードの再設定
  • Appleの管理ページでApple IDを調べる
  • 古いApple IDを有効にして再設定
  • 通信状態を確認する
  • ログインできない端末の再起動

では、上記の5つの対処法について、ひとつひとつ詳しく確認していきましょう。

パスワードの再設定

Apple ID作成時に設定したパスワードを忘れてログインできない場合は、パスワードを新しく設定し直してみて下さい。

パスワードを忘れていても、Apple IDを覚えていれば、再設定したパスワードでiCloudにログインすることができます。

パスワードを新しく設定し直す際は、以下の手順で操作を行って下さい。

Appleアカウントの管理ページから再設定する方法

ブラウザを開き、Appleアカウントの管理ページ(https://Apple ID.apple.com/)にアクセスしたら、「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」をタップします。

Appleアカウントの管理ページから再設定する方法

パスワードを忘れたApple IDを入力して、「続ける」をタップしましょう。

Appleアカウントの管理ページから再設定する方法

パスワードを忘れたApple IDに登録している電話番号を入力して下さい。

Appleアカウントの管理ページから再設定する方法

「パスワードをリセット」のダイアログが表示されたら、「許可する」をタップします。

Appleアカウントの管理ページから再設定する方法

iPhoneのパスコードを入力しましょう。

Appleアカウントの管理ページから再設定する方法

すると、パスワードの再設定画面が表示されるので、新しいパスワードを入力して、「次へ」をタップして下さい。

Appleアカウントの管理ページから再設定する方法

「パスワードが変更されました」と表示されたら、新しく設定し直したパスワードでiCloudにログインできるようになります。

Appleアカウントの管理ページから再設定する方法

Appleの管理ページでApple IDを調べる

Apple IDを忘れてログインできない場合は、Appleアカウントの管理ページで必要な情報を入力すればApple IDを調べることが可能です。

Apple IDを調べたい時は、以下の手順で操作を行って下さい。

Apple IDを調べる方法

ブラウザを開き、Appleアカウントの管理ページ(https://Apple ID.apple.com/)にアクセスしたら、「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」をクリックします。

Apple IDを調べる方法

「Apple IDをお忘れになった場合は、こちらで検索できます」のリンクをクリックしましょう。

Apple IDを調べる方法

忘れたApple IDに登録している「姓/名」「メールアドレス」を入力して、「続ける」をクリックして下さい。

Apple IDを調べる方法

正しい情報が入力されていれば、忘れたApple IDが表示されるはずです。

古いApple IDを有効にして再設定

Apple IDを変更した直後によくあるのが、古いApple IDからログアウトする前に新しいApple IDに変更してしまったのが原因でiCloudにログインできなくなるケースです。

この場合、まずは古いApple IDを有効にして再設定を行ってから、新しいApple IDへの切り替え作業を行いましょう。

では、具体的な手順をこれからご紹介していくので、以下の手順通りに操作を行って下さい。

古いApple IDを有効にして再設定する方法

  1. ブラウザを開き、Appleアカウントの管理ページ(https://Apple ID.apple.com/)にアクセスしたら、新しいApple IDとパスワードを入力してログインする
  2. 管理画面にログインしたら、「アカウント」をタップする
  3. 「Apple IDの変更」をタップする
  4. Apple IDの変更画面で、一度古いApple IDで使っていたメールアドレスを入力して、「次へ」をタップする
  5. 先ほど入力したメールアドレス宛てに6桁の確認コードが送られてくるので、その確認コードを正しく入力する

これで、古いApple IDが有効になります。

次に、古いApple IDから新しいApple IDに切り替える作業を行いましょう。

新しいApple IDを再設定する方法

  1. 「設定」アプリを開いたら、一番上に表示されている自分のユーザー名をタップする
  2. 一番下まで画面をスクロールして、「サインアウト」をタップする
  3. この時に「iPhoneを探す」をオフにする必要があるので、パスワードを入力して「オフにする」をタップする
  4. 古いApple IDからサインアウトした後は、再びブラウザを開き、Appleアカウントの管理ページ(https://Apple ID.apple.com/)にアクセスしたら、Apple IDとパスワードを入力してログインする
  5. 管理画面にログインしたら、「アカウント」をタップする
  6. 「Apple IDの変更」をタップする
  7. Apple IDの変更画面で、新しいApple IDで使っているメールアドレスを入力して、「次へ」をタップする
  8. 先ほど入力したメールアドレス宛てに6桁の確認コードが送られてくるので、その確認コードを正しく入力する

これで、古いApple IDから新しいApple IDに切り替える作業は終わりです。

あとは、iPhoneの「設定」アプリから「iPhoneにサインイン」をタップして、新しいApple IDとパスワードでログインすれば、iCloudにログインできるようになります。

通信状態を確認する

iCloudはインターネットに接続されていないと利用できないサービスです。

そのため、電波状態が悪かったり、そもそもインターネットに接続されていない場合は、iCloudにログインすることはできません。

なので、iCloudにログインできなくなったら、インターネットが切断されていないか、電波状態が安定しているかチェックしてみましょう。

ログインできない端末の再起動

iCloudにログインできない原因として、お使いのiPhoneやパソコンに一時的な不具合が発生している可能性が考えられます。

一時的な不具合といっても、デバイスが壊れて使えなくなったわけではないので安心して下さいね。

この場合、お使いのデバイスを再起動することで、iCloudにログインできない問題が解決されるケースがほとんどなので、一度試してみて下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。