『かわいい』が生まれる場所。

【Instagram】アカウント登録のギモンを解決!やり方や注意点を紹介

【Instagram】アカウント登録のギモンを解決!やり方や注意点を紹介

TwitterやFacebookのように、Instagramも多くのユーザー数を誇る大人気のSNSです。

TwitterなどのSNSは文字の投稿が中心なのに対し、Instagramは画像投稿が中心になっており、おしゃれで綺麗な写真のことを「インスタ映え」と呼ぶようにもなりました。

Instagramの利用は当たり前になりつつありますが、いざ「始めようかな」と思っても、「いまさらだけどアカウントの登録方法がよく分からない…」と悩んでいる方もいるはずです。

この記事では、Instagramのアカウント登録方法を、画像付きで詳しく紹介します。

ぜひ手順を参考にして、Instagramデビューをしましょう!


【Instagram】アカウント登録のギモン

Instagramのアカウント登録を初めてする際、「なにが必要なの?」「本名じゃなきゃダメ?」「知り合いに見られたら恥ずかしいけど知られないように設定できるの?」と疑問に思う方もいるかと思います。

まずは基本編として、この3つの疑問を解消させましょう。

アカウント作成に必要なものは?

Instagramのアカウント作成に必要なものは以下の5つです。

POINT

  • アプリ or ブラウザ
  • 電話番号 or メールアドレス or Facebookのログイン情報
  • ユーザー名
  • 氏名
  • パスワード

下4つはアカウント登録時に入力が必要となります。

ユーザー名・氏名・パスワードはあらかじめ決めておくと登録がスムーズに進みます。

アカウントの作成に名前(本名)は必要?

アカウント登録に必要なものの中に「氏名」や「ユーザー名」がありますが、これは本名ではなくてもOKです。

むしろ個人を特定されるリスクを軽減するためにも、ニックネームなどを設定しておきたいところです。

ちなみに「氏名」と「ユーザー名」の違いは以下の通りです。

POINT

  • 氏名:プロフィール画面でアイコン画像の下に表示される名前。日本語も登録可能。
  • ユーザー名:プロフィールページのURLアドレスとなる部分。半角英数字で設定。

ユーザー名は他の人と被らない文字列にしなければいけません。

「すでに使用されています」とのメッセージが出たら、数字をつけるなどの工夫をしましょう。

アカウントを作ると誰かにバレる?

アカウントを作成したからといって、すぐに知り合いや親しい人に通知が届くようなことはありません。

しかし、端末の連絡先やFacebookと連携をすると、相手のアカウント上に「おすすめアカウント」として紹介される可能性があります

アカウントが知り合いなどに絶対にバレたくない場合は、誰も知らないメールアドレスを使ったり、鍵アカウントにして不特定多数の人が見られない設定に変更するなどの方法で対処しましょう。

詳しくは後半部分で解説します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。