『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneが勝手にアップデートするのを防ぐ!手動のメリットは?

iPhoneが勝手にアップデートするのを防ぐ!手動のメリットは?

アイキャッチです

iPhoneに搭載されているiOSやApp Storeで配信されているアプリは、定期的にバージョンアップが行われます。

以前は手動で操作する必要がありましたが、最近のiOSでは自動的にアップデートが実行されるようになりました。

この機能のおかげで常にiOSやアプリを最新の状態に保てるようになりましたが、勝手にアップデートされるのは困るという方もいると思います。

そこで今回は、iPhoneが勝手にアップデートするのを防ぐ方法を解説していきます。

iPhoneのiOS/アプリが勝手にアップデートされるのはなぜ?

まずは、iPhoneのiOSやアプリが勝手にアップデートされる原因を解説していきます。

iOS 12からiOSの自動アップデートが追加

iOS12からiOSの自動アップデートが追加

実はiOS 12から、iOSが自動的にアップデートされる機能が新しく追加されています。

iOSは定期的にバージョンアップされますが、今までは手動で操作して最新版にアップデートする必要がありました。

ですがiOS 12からは、iOSの最新版が配信されると、条件をクリアすれば自動的にアップデートが始まるようになりました。

手動だとバージョンアップするのを後回しにしてしまいがちですが、この機能があればいちいち最新版が配信されているか確認せずに済みますし、バージョンアップのし忘れを防ぐことができるでしょう。

ですが、それでも手動で実行したいという方は、設定を開いて自動アップデートを無効にしておいて下さい。

アプリは設定から自動/手動を選択できる

アプリにも最新版が配信されると、自動的にアップデートしてくれる機能があります。

ですが、この設定が有効になっていると、最新版が配信された段階で勝手にアプリの更新が始まってしまいます。

アプリを更新している最中はデータ通信量もバッテリーも消費するため、それは困るという方は多いのではないでしょうか。

実は、アプリの場合も設定からアプリの更新を自動でするか、手動でするか選択することができます。

手動でアプリを更新したいという方は、設定をオフに切り替えて下さい。

iPhoneのiOSが勝手にアップデートされてしまう条件

iOSの自動アップデートの設定をオンにしていても、一定の条件を満たさないと自動的に実行されない仕様になっています。

自動的にアップデートを実行するには、これからご紹介する3つの条件を同時に満たさなければなりません。

Wi-Fiにつながっていること

iOSを自動でアップデートするのに必要な条件の1つ目は、iPhoneがWi-Fiにつながっていることです。

アップデートが始まるとそれに必要なファイルがダウンロードされますが、このファイルは容量が大きいため、データ通信量を大量に消費します。

モバイル回線(4G)に接続している状態でアップデートが始まってしまうと、データ通信量の上限をあっという間に超え、速度制限がかかってしまう可能性があるため、その場合は自動的に更新されることはありません。

この記事に関するキーワード

iOS
新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。