『かわいい』が生まれる場所。

【Twitter】フォローするときに挨拶は必要?挨拶のやり方についても紹介

【Twitter】フォローするときに挨拶は必要?挨拶のやり方についても紹介

料理のレシピ検索、雑学や便利なマメ知識、その日の重大なニュースを見れたり、政治や経済についてわかりやすくまとめられていたり・・・。

今やTwitterは、その日に起きたことやちょっとした独り言をつぶやくだけのツールではなくなっていますよね。

トレンドやハッシュタグなどで誰かのツイートを見て、特定の人のツイートを常にタイムラインで見られるようにしたいとき、そのアカウントを「フォロー」しますよね。

フォローするとき、相手に「フォローしました」と、挨拶するか迷うことはありませんか?

挨拶をしなかったり、挨拶の仕方で相手を不快にさせてしまうこともあるかもしれません。

この記事では、Twitterでの挨拶の仕方や、どのように挨拶をするのか、挨拶を送るときに気をつけたいことなどを紹介します。

Twitterでフォローをするときの参考にしてくださいね。


【Twitter】フォローしたときに挨拶は必要?

そもそも鍵をかけていないアカウントであれば、「フォローする」というボタン1つで相手の許可なくフォローできます。

そのため、挨拶は不要だろうという人もいるかと思います。

しかし、たくさんの人が使うSNSなのでマナーは大切かもしれません。

どんなときに挨拶をすればいいのか、自分が挨拶されたときどのようにすればいいのかを紹介していきます。

無言フォローとは?

リプライやDMで話したことがなく、事前に挨拶しないままフォローする行為を「無言フォロー」と言います。

無言フォローでも気にしない人が多いですが、場合によっては相手を不快にさせる可能性があります。

また、無言フォローは絶対に嫌だ!という人も一定数おり、何も言われないままブロックされることもあります。

ネット上でも最低限の挨拶は必要だという人もいるので、仲良くなりたい相手であれば、なおさら挨拶は怠らないようにしましょう。

フォローしたときに挨拶した方が良い相手

フォローする前やフォローした際、挨拶したほうが良いかどうかの判断方法を紹介していきます。

「無言フォロー禁止」と書いている

プロフィール欄やタイムラインの一番上に表示される固定ツイートや定期ツイートなどで、「無言フォロー禁止」や「無言フォローはブロックします」などと書いている人には、事前に必ず挨拶しましょう。

ブロックされてしまうと、相手に謝罪や改めて挨拶を送ろうとしても連絡を取る手段がなくなってしまいます。

フォローする前に確認してくださいね。

フォロワー数が少ない

フォロワー数が2桁以下の人は、急にフォロワー数が増えるとどんな人にフォローされたのか気になります。

無言フォローされると、「なぜこの人は自分のツイートを見ているのか?」「知らない人にずっと監視されているみたいで気分が悪い」と思う人もいるかもしれません。

フォロワーが少ない人には、相手を不快にさせないためにも、挨拶を送るのが無難です。

リアルのつぶやきが多い

フォロワー数が多くてもリアルのつぶやきが多い人は、身近な人とコミュニケーションをとるためにTwitterを使用している可能性が高いです。

話したことのない相手に急にフォローされると不審に思う人もいるので注意しましょう。

挨拶をするにしても、何故フォローしようと思ったのか一言付け加えたほうが良いかもしれません。

「相互フォロー歓迎」と書いている

お互いにフォローしあっている状態を「相互フォロー」と言います。

プロフィール欄や定期ツイートなどに「相互フォロー歓迎」などと書いている場合、Twitter上で友達を募集している人が多いです。

そのため、フォローしたときに挨拶しておくと、仲良くなれる可能性があるので挨拶することをおすすめします。

他にも、ハッシュタグをつけてツイートしている人は、共通の趣味を持っている相手を探している場合があるので、挨拶することで趣味の友達になれるかもしれませんよ。

フォローしたときに挨拶しなくても良い相手

100%挨拶をしなくても問題ない!とは言い切れませんが、ゲームの公式アカウント、企業、芸能人、イラストやハンドメイド商品などの写真をあげている人などは挨拶をしなくても良さそうです。

何百、何千、何万人とフォローされている人は、1人フォロワーが増えても気づかないことが多く、宣伝目的でTwitterを使用していることが多いです。

こういったアカウントには、挨拶なくフォローしても失礼にならない場合がほとんどだと考えられます。

フォローしましたという挨拶に返信は必要?

自分が誰かにフォローされ、リプライやDMなどで「フォローさせてもらいました」という挨拶が届いた場合、返信するべきか悩みますよね。

調べてみたところ、返信をする人は少ないようです。

フォローバックをする場合は返信をする人もいるようですが、フォローバックしない場合、挨拶は読むけれど返信はしないという人が多数いました。

ただ、返信するかどうかは自由なので、相手のプロフィールやツイートを見て仲良くなりたいなと思った場合は返信をしてみても良いでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。