『かわいい』が生まれる場所。

【Instagram】画像の最適サイズは?投稿時の注意点も!

【Instagram】画像の最適サイズは?投稿時の注意点も!

Instagramで画像を投稿したときに上下左右が切れてしまっていたり、画質が悪くなってしまったことありませんか?

以前のInstagramでは正方形の画像しかできませんでしたが、アップデートによって、タテ長の長方形とヨコ長の長方形もポストできるようになりました。

このように、Instagramに投稿できる画像の幅が広がりましたが、実はそれぞれの最適なサイズもあります!

この記事ではそんな投稿時に役に立つアイコン・ストーリーズの最適な画像サイズをまとめました!

投稿方法から、注意点おすすめのリサイズアプリも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

【Instagram】投稿に最適な画像サイズは?

友達と撮った写真や自撮りもできればキレイな画質でポストしたり、こだわりを持って撮影した風景や、動物や建物などは特に最高の画質でみんなに見てもらいたいですよね。

そのためには最適な画像のサイズを知ることが大切です!

アスペクト比画素数をわかっておくことで、画質の劣化を防ぐことや、上下左右が変に切れてしまうのを防げますよ。

正方形・長方形(タテ長・ヨコ長)のアスペクト比

『アスペクト比』とは、画像のタテとヨコの比率のことを言います。

Instagramでは正方形だけでなく、タテ長・ヨコ長の長方形の画像もポストできますが、どんな形でもできるわけではありません。

サポートされているアスペクト比は以下のようになります。

画像の種類 ヨコ:タテ
正方形 1:1
長方形(タテ長) 4:5
長方形(ヨコ長) 1.91:1

ポストしようと思っている画像が上の表と違う比率の場合、自動的にトリミングされてしまいます。

正方形・長方形(タテ長・ヨコ長)の画像の最適な画素数

続いて最適な画素数についてまとめます。

Instagramでは、タテの画素数が『566~1350ピクセル』、ヨコの画素数が『320~1080ピクセル』であれば、元の解像度が保持されるようになっています。

タテヨコともに最大値を超える場合は圧縮され、最低値を下回る場合は、自動的に拡大されるので、画質が粗くなりますよ。

画素数が高ければ高いほどキレイな画像になる!というのは間違いです。

先ほど紹介したアスペクト比と合わせて、以下のサイズにしておけばキレイな画像を投稿できますよ。

画像の種類 ヨコ80×タテ1080ピクセル
長方形(タテ長) ヨコ1080×タテ1350ピクセル
長方形(ヨコ長) ヨコ1080×タテ566ピクセル

ストーリーズの最適アスペクト比と画素数

普通の投稿よりも使っている人が多いと言われている『ストーリーズ』。

24時間経てば消えるので、気軽にアップしやすいのが人気の秘密だそうです。

実はストーリーズでは、正方形でも長方形でも、どんなサイズでもポストできます。

タテ長だから投稿のときと一緒の比率とサイズかと思いきや、実は違います。

上下左右に余白が出るのが気になるという人や、画面いっぱいに画像が出るようにしたい場合、以下のアスペクト比と画素数を参考にしてください。

アスペクト比(ヨコ:タテ) 9:16
最適な画素数 ヨコ1080×タテ1920ピクセル
最小の画素数 ヨコ600×タテ1067ピクセル

アイコンの画像サイズ

Instagramのプロフィールに表示されるアイコンは、小さいながらも色々な場面で表示されるので、画質についてはこだわりたいところだと思います。

ただ、プロフィールに使われるアイコンのサイズについては、最適なサイズは公表されていません。

あくまでも目安になりますが、タテヨコ300~400ピクセルのものを使用するのがオススメのようです。

これ以上小さい画像を使用すると、画質が荒くなってしまう可能性があります。

また、アイコン用に丸くトリミングされるので、タテヨコの比率が大きく違った画像を使うと、見切れてしまうこともあるようです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。