『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】2ファクタ認証の解除!注意点や解除できない対処法も

【iPhone】2ファクタ認証の解除!注意点や解除できない対処法も

iPhoneユーザーならApple IDを持っていると思いますが、Apple IDは「2ファクタ認証」という認証方式でセキュリティが守られています。

ただ、2ファクタ認証を設定するとApple IDでログインする時に手間がかかってしまうため、中には解除したいと思っている人もいるのではないでしょうか?

今回は、2ファクタ認証の解除の方法や注意点、解除できない時の対処法を解説していきます。

【iPhone】2ファクタ認証を解除したい…

現在、Apple IDは「2ファクタ認証」という強固なセキュリティで守られています。

どういった仕組みでログインできる認証方式なのか詳しく解説していきます。

そもそも2ファクタ認証とは?

「2ファクタ認証」とは、アカウントにログインする時の認証を二重化してセキュリティを高めた認証方式のことです。

通常、アカウントにログインする際、メールアドレスとパスワードを入力してログインするのが一般的ですよね。

ただ、そのパスワードを第三者に知られてしまうとアカウントに不正ログインされてしまう恐れがあります。

しかし、2ファクタ認証を設定しておくことで、万が一第三者にパスワードが知られてしまっても不正ログインを防ぐことができるのです。

iPhoneの場合、2ファクタ認証を設定しておくと、Apple IDとパスワードを入力した後、Apple IDで設定した信頼できるデバイスの画面にコードが表示されます。

また、登録している電話番号宛てにコードが記載されたSMSが届きます。

そのコードを入力しなければ、正しいメールアドレスとパスワードを入力していてもログインすることができません。

使用できる電話番号を登録しておく必要がある

2ファクタ認証を設定している場合、Apple IDとパスワードを入力した後、iPhoneに届いたコードを正しく入力して初めてにログインできるようになります。

そのため、これを設定する際にはApple IDに現在使用できる電話番号を登録しておかなければなりません。

もし、2ファクタ認証を設定しているApple IDに現在使用できない電話番号を設定していた場合、この状態でそのApple IDから一度ログアウトしてしまうと再度ログインすることができなくなってしまいます。

つまり、そのApple IDが二度と使えなくなってしまう可能性もあるのです。

2ファクタ認証を解除するメリット

2ファクタ認証を解除するメリットは、Appleアカウントへのログインの手間が省けるという点です。

これを設定しておけば、万が一Apple IDとパスワードが外部に漏れて第三者がログインを試みようとしても、コードを入力しなければログインできません。

よって、第三者に不正ログインされてApple IDに登録している個人情報を悪用されるリスクが低くなります。

2ファクタ認証を解除するデメリット

2ファクタ認証を解除するデメリットとしては、第三者に不正ログインされるリスクが高まるという点です。

2ファクタ認証を設定していなければ、Apple IDとパスワードの入力のみでログインできます。

ですが、万が一そのApple IDとパスワードを第三者に知られてしまった場合、その人デバイスからでもあなたのApple アカウントにログインできてしまうのです。

そのため、Apple IDへの不正ログインのリスクを最小限に抑えたいのであれば2ファクタ認証を設定しておいた方が良いと言えるでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。