『かわいい』が生まれる場所。

『LINE安全認証』は詐欺メール!メールの見分け方と対策を紹介!

『LINE安全認証』は詐欺メール!メールの見分け方と対策を紹介!

ここ数年、『LINE安全認証』というメールが送られてくるようになったという方が多いようです。

メールの内容を見てみると、一見LINEからの通知メールのように思えますが、実はLINEを装った迷惑メールなのです。

もし本物のメールと勘違いしてログイン情報を入力してしまった場合、LINEアカウントが乗っ取られ、個人情報を悪用されるかもしれません。

そこで今回は、LINE安全認証の見分け方や対策を紹介していきます。

迷惑メール『LINE安全認証』とは?

普段使っているメールアドレス宛てに、LINE安全認証という件名のメールが届いたことはありますか?

一見、LINEの運営からメールが届いたように思えますよね。

ですが、LINE安全認証というメールは、LINEの運営から届いたメールではないので注意が必要です。

アカウント乗っ取りを目的としたメール

LINE安全認証のメールの本文を見てみると、「お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。」といった内容が書かれていて、その下にURLが貼り付けられています。

一見、LINEの運営からのメールに思えますが、実はLINEのアカウントを乗っ取る目的で送りつけている迷惑メールなのです。

宛名がない

LINE安全認証のメールの特徴としては、宛名(あなたの氏名)がないところです。

通常、企業から送られてくるメールの冒頭には必ず宛名が記載されているものです。

しかし、LINE安全認証のメールの冒頭には宛名がなく、いきなり「お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。」と書かれています。

非公式URLが貼ってある

LINE安全認証のメールを確認してみると、URLが貼り付けられていると思いますが、よく見てみるとLINEの公式サイトのURLとは違うURLが貼り付けられています。

LINEの公式サイトのURLは「www.line.me」ですが、「LINE安全認証」のメールでは「www.linene.me」「www.linepc.me」(絶対にアクセスしないで下さい)などの本物に似せたようなURLが貼り付けられているようです。

このようなフィッシングメールでは、本物のサイトと似たようなURLを貼り付けて勘違いさせ、リンク先の画面でメールアドレスやパスワードを入力させるのが目的です。

そのため、メールに記載されているリンク先には絶対にアクセスしないようにしましょう。

URLとリンク先URLが別サイトの可能性もあり

LINE安全認」のメールの本文には、「www.line.me」というURLが貼り付けられています。

この「www.line.me」というURL自体はLINEの公式サイトのものなのですが、このURLをタップしてみると、「www.line.me」とは別のURLに飛んでしまうのです。

つまり、メールに記載されているURLと実際のリンク先のURLが異なるというわけです。

このように、巧妙な手口でLINEに登録している情報を盗み出そうとしてくるので、絶対メールに記載されているURLをタップしないようにして下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。