『かわいい』が生まれる場所。

【LINE】機種変更時にスタンプを引き継ぎ!別OS・別端末でもOK!

【LINE】機種変更時にスタンプを引き継ぎ!別OS・別端末でもOK!

今やスマホユーザーの誰もが使っているLINEアプリ。

普通のトークだけでなくスタンプも織り交ぜて会話をする人が増えてきましたね。

スタンプの種類も豊富になってきており、常に新しいものが作られています。

そのため、多少の会話であればスタンプでもできちゃうくらい今では欠かせないものになりました。

ですが、そんなスタンプが機種変更した時に引き継ぎがうまくいかなかったという方が結構いるようです。

せっかくお金を払って購入したのに引き継ぎがうまくいかないともったいないですよね。

引き継ぎは、手順や重要なポイントを押さえておけば、自分が購入したものは全て次の端末できちんと使えます。

今回は、LINEスタンプの引き継ぎに必要な事前用意や、やり方、そして万が一失敗しちゃった時の対処法などをご紹介していきます。

【LINE】機種変更時にスタンプを引き継ぎしたい…

スタンプの引き継ぎ

スタンプの引き継ぎをする前に、覚えておきたい大事なポイントを3つ説明します。

例えば、皆さんも知っているかと思いますが、スタンプには有料と無料のものがあります。

無料のものには使える期限がありますよね。

このようなスタンプは少しだけ注意点がありますのでポイントをチェックしておきましょう。

上記以外にも、引き継ぎ時に重要な情報を知らずに行うとうまくいかずにデータが消えてしまったり、移行できても一部のデータがない!ということになりかねません。

まずは、これから説明する情報をしっかりとチェックしていきましょう。

アカウントの引き継ぎ

LINEのスタンプはアカウントを引き継ぐことで自動的に行われます。

なので、新しいスマホにLINEのアカウントをしっかりと引き継いでいればスタンプのデータも基本的には全て移行されるのです。

ですが、この時、間違えて失敗してしまったり新規作成してしまうと当然データも消えてしまうので注意してください。

無料のスタンプは引き継ぎ後に使えない可能性がある

有料のスタンプは購入しているので引き継いだ後も使用できます。

しかし、無料のものは有効期限があるスタンプがあります。

スマホを変えたタイミングが有効期限と重なっていると、新機種になった後に使用できなくなります。

また、期限があるということは既存の端末においても使用できなくなるので注意してください。

iPhoneからAndroidへ機種変更するときは?

iPhoneからAndroidのように、異なるOS間での機種変更も基本的にはアカウントの引き継ぎは可能です。

有料・無料関係なく、スタンプのデータも移動できます。

ただし、OSが変わる際に注意しなければならないのが、スタンプのデータは移行できてもその他の一部データは移動できないということです。

  1. トーク履歴
  2. LINEコイン残高
  3. LINE Outのチャージ済みコールクレジット

上記のデータは復元できなくなってしまうのでご注意ください。

次に、引き継ぎのために事前にやっておくことを見ていきましょう!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。