『かわいい』が生まれる場所。

【PC・スマホ】Gmailの未読のみを一発表示!一括既読・削除も可能

【PC・スマホ】Gmailの未読のみを一発表示!一括既読・削除も可能

フィルタやラベル、自動振り分けなどが便利なGmail。

しかし、「未読メールのみ表示する」わかりやすいメニューやボタンが無いため、1ページずつ確認している人も多いのではないでしょうか。

この記事では、Gmailで未読メールのみに絞って表示させる手順について紹介します。

ちょっとした検索方法を覚えるだけで、未読メールのみの表示に絞ることができたり、設定で未読メールが一番上に来るようにしたりできるなど、フォルダを整理できちゃいます。

自分に合った設定や使い方で、Gmailをより快適に、便利に使いこなしましょう。

Contents[OPEN]

「is:unread」でGmail全体の未読のみを表示させる方法

Gmailの画面上部にある検索窓に「is:unread」と入力して検索することで、未読メールのみ一覧で表示されます。

もしくは「未読」と入力すると「label:unread」と表示されるので、そちらを選択しても良いです。

ここでは「is:unread」で検索するをスマートフォンアプリと、PCブラウザ版のそれぞれので解説していきます。

Gmailアプリの手順

スマートフォンのGmailアプリでの手順です。iOS、Androidとも共通の操作手順になります。

Gmailアプリを立ち上げると、画面の上部に「メールを検索」という窓があるのでタップします。

Gmailスマホ画面

「メールを検索」の窓をタップすると、文字入力ができるようになります。半角英字入力で「is」と入力すると窓の下の部分に選択肢がいくつか表れるので「is:unread」をタップしてください。

Gmailスマホ画面

「is:unread」で検索をかけることで、検索結果としてGmail全体の中から未読のメールのみ表示されます。

Gmailスマホ画面

PC(ブラウザ版)での手順

PC(ブラウザ版)での手順は以下の通りです。

スマートフォンアプリ版と同様に、検索窓に「is:unread」と入力して絞っていきます。

「is:un」くらいまで入力すると、予測で「is:unread – 未読メール」と表示されるので、そちらを選択します。これで、全体の中から未読のメールを一覧で表示させることができます。

Gmail画面

PC(ブラウザ版)での便利な機能

「is:unread」で未読メールのみ抽出したときに、PCの場合は検索窓の下に「期間」「添付ファイルあり」などのボタンが表示されます。

Gmail画面

これらを活用すると、いつからいつまでの期間の未読メールのみや添付ファイル付きの未読メールのみに絞ってチェックできるなど、より細かく設定できて便利です。
 

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。