『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの画面割れは放置すると危険!少しでも安い修理方法はどれ?

iPhoneの画面割れは放置すると危険!少しでも安い修理方法はどれ?

iPhoneをカバンやポケットから出すときに落としてしまったり、いつの間にか画面にヒビが入っていたことはありませんか?

iPhoneの画面には、プラスチックの数十倍の強度があるガラス素材が使われています。

このガラス素材は傷がつきにくいメリットもありますが、当たりどころが悪いとガラスなのですぐに割れてしまいます。

割れた画面をそのままにしておくと、ケガに繋がったり不具合が出る可能性もあり、危険です。

画面が割れてしまったときには修理が必要ですが、「修理代金が高いから…」と画面が割れたままiPhoneを使っている人もいると思います。

できることなら、修理代金はできるだけ安く済ませたいですよね。

画面が割れただけであれば、比較的安く修理ができることもあるのです!

この記事では、iPhoneの修理代金や画面の割れをそのままにするとどうなってしまうのか紹介します。

画面が割れたときの応急処置も紹介していくので、ぜひ参考にしてください!

iPhoneの画面割れを放置すると…

iPhone 画面破損

出典:photo AC
 
iPhoneの画面が割れてしまったとき、すぐに修理できたら助かりますよね。

しかし、修理に出す時間がなかったり近くに修理をしてくれる場所がないときには、割れた画面をそのまま使っている人もいると思います。

割れた画面をそのまま使い続けていると、以下の危険があります。

  • 破損がさらに進む
  • 誤作動の原因になる
  • ガラス片が落ちてくる
  • 怪我の原因になる
  • 防水性能が落ちる

それでは、1つずつ見ていきましょう。

破損がさらに進む

画面が割れた状態でそのまま使っていると、破損がさらに進むことが考えられます。

割れた場所が角だけの場合や少しの場合でも、使っているうちに段々と割れた場所を起点に破損が広がってくることがあります。

誤作動の原因になる

画面が割れた状態では、勝手に操作されてしまったりなどの誤作動の原因にもなりやすいです。

メッセージなどを入力しているときやインターネットをしているときなど、タッチした場所と違うところが反応してしまうこともあります。

ガラス片が落ちてくる

iPhoneは液晶画面の上にガラス素材のケースが組み立てられています。

画面割れは、このガラスが割れることによって起こるのです。

液晶画面が割れてしまった場合には、画面が真っ暗になり何も表示されなくなります。

画面が明るくいつも通りに表示されている場合には、液晶画面の上のガラスが割れたことになります。

画面の割れが激しい場合や破損がさらに進んだ場合には、このガラス片がポロポロ落ちてくることがあるで危険です。

ケガの原因になる

画面の割れがさらに進むと、ガラス片が指に引っかかってケガをしてしまう可能性もあります。

ヒビだけであればケガする可能性は低いですが、ガラス片がポロポロ落ちてきたり、一部のガラスが取れてしまっている場合には気をつけましょう。

ガラス片は指に刺さりやすいため、ケガをしないように画面が割れてしまった場合には、この後紹介する応急処置を行って対処しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。