『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】ストレージの容量確認の方法を画像付きでご紹介

【iPhone】ストレージの容量確認の方法を画像付きでご紹介

iPhoneの動作が遅かったり、写真が保存できないなんて経験はありませんか?

iPhoneを購入して1年も経っていないのに、iPhoneが使いにくくなってしまったということはよくあります。

SafariやAppを使用しているときにロードが遅かったり、Appの起動や動作が遅いといったことが起こっていることでしょう。

また、アプリや写真、iOSのアップデートができないということもあるのではないでしょうか。

これらの悩みを解決して、快適にiPhoneを使いたいですよね!

この記事では、iPhoneの容量に関するちょっとした工夫を紹介します。

iPhoneのストレージの容量確認はどうして必要?

みなさんはiPhoneを購入するときに、~GBという文字を見ていませんか?

これは、iPhoneに保存できるデータの容量のことを指しています。

いつも何気なく写真を撮ったり、Appをインストールしたりしている人が多いと思います。

また、いきなり写真が撮れなくなったり、Appをインストールやアップデートできなくなったという経験がある人もいるはずです。

また、動画を撮影中に途中で撮影が終了して、途中で動画が途中で切れてしまった経験をした人もいるでしょう。

それらはすべてiPhoneのストレージ不足が原因なのです!

そもそもストレージとは?

ストレージというワードをよく目にしませんか?

ストレージとは、iPhoneに限らず、AndroidスマホやPCなどのデバイスの内部に組み込まれているデータを保存する場所のことです。

ROMという表現もよくされています。

このストレージは、デバイスが動作するときに必ず使う場所でデバイスの行動履歴を保存したり、写真や動画、音楽、Appなどを保存する際に使用しています。

各デバイスにはストレージが存在し、その容量にも制限が必ずついているのことは言うまでもありません。

このストレージが不足することで、デバイスを使用するときに様々な支障が出てくるのです。

iPhoneのストレージが不足すると動作が遅くなる!?

iPhoneを長く使用していると、動きが遅くなったなんてことを感じたことありませんか?

その原因は、iPhoneのストレージ不足なのです!

一般的に、AppやSafariなどのプログラムは、iPhoneやiPadなどデバイスのストレージを常に使用しながら作動します。

App内で新規ページに飛んだり、Safariで検索をかけた際には履歴として、*cookieやキャッシュがデバイスのストレージに保存されます。

デバイスはAppやSafariを作動させる際、cookieやキャッシュなどの一時的に保存したデータを、デバイスのストレージから検索しているんです。

ストレージの容量が多いと検索する際にデバイス自体に負荷がかかり、その結果、iPhoneの動作が遅くなります。

cookieとは?

よくcookieというものを、Webサイト上で見かけることはありませんか?

cookieは、Webサイトを訪れた際に、日時や訪問回数、ログイン情報などのデータファイルの一つです。

cookieは各デバイスの足跡のようなもので、デバイスのストレージにアクセスデータが保存されます。

イメージとして、cookieは、Webサイトにアクセスした際に保存される行動履歴と理解すると良いでしょう。

cookieは、設定次第でデバイスごとに無効にすることも可能です。

しかし、cookieは次回同じWebサイトにアクセスした際に読み込みの時間を短縮し、アクセスをスマートにします。

また、ショッピングサイトや登録系のサイトではログインをスムーズに行うこともできるため、無効にした場合には、アクセスに時間がかかる場合がよくあります。

iPhoneのストレージが不足すると最新のiOSをアップデートできない

iPhoneのストレージが不足すると、iPhoneを動かすためのOSをダウンロードできなくなるんです!

デバイスを動かすために各デバイスにはOSがインストールされていて、購入する前から、デフォルトでそのOS分のストレージが使用されています。

一方、インストールされているOSは、セキュリティーや制度の観点からOSの開発会社から定期的に更新プログラムを公開します。

iOSをアップデートする場合、イメージとして更新プログラム分のストレージを更に使用すると考えておくと良いでしょう。

iOS自体に容量があるため、iPhoneのストレージをある程度空けておく必要があります。

動画が途中で切れてしまうかも!?

iPhoneのストレージが足りないと、動画を撮っているときに、途中で強制的に撮影が終了してしまう場合があります。

「撮影中にはデータは保存されていないんじゃないの?」と思った人も多いとは思いますが、そうではありません。

iPhoneは撮影中も、本体のストレージ残量と撮影中の動画の容量を照らし合わせ、保存できるかどうかを計算しています。

撮影中に、動画の容量がiPhoneのストレージ残量を超えると、途中で撮影を終了してしまいます。

撮りたい動画が途中で切れてしまうのは悲しいですよね。

普段から、iPhoneのストレージを確認しておくと、ストレージの残量を把握できます。

そして、ストレージが少なくなってきたらストレージ残量を増やすための行動ができますよね。

そうすれば、撮影中に途中で切れちゃったということが起こりにくくなります。

ちなみに、ボイスメモのような録音アプリも同様のことが起こりますよ!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。