『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】一体なぜ?Safariで文字化けする原因と対処法

【iPhone】一体なぜ?Safariで文字化けする原因と対処法

毎日の生活で、iPhoneを使う主な目的は、通話、SNS、そしてネット検索です。

ネット検索をiPhoneのSafariで楽しんでいると、ときどき文字化けして驚くことはありませんか?

iPhoneはコンピューターウイルスに感染しにくいデバイスですが、もしかしたら自分のiPhoneが、コンピューターウイルスに感染したのではないかと心配になりますよね。

文字化けの原因は本当にコンピューターウイルスなのでしょうか。

この記事で詳しく検証します。

【iPhone】Safariで文字化けする原因は「文字コード」

iPhoneのSafariアプリでネット検索をしていて、文字化けが起こる原因は、コンピューターウイルスに感染したからなのでしょうか。

結論を言えば、コンピューターウイルスとは全く関係がありません。

原因は他にあります。

iPhoneのSafariが文字化けする原因は、「文字コード」です。

文字コードとは何でしょうか。

文字コードとは、コンピューターの内部で文字を数値にしたもののことです。

コンピューターもインターネットも、もともとはアメリカで開発されたものです。

そのため、コンピューターやインターネットで用いられている文字コード、つまり「数値に置き換えられた文字」は、英語で使われているラテン文字を基盤にしたASCILL(American Standard Cord Information Interchange), またはUS-ASCILL(USアスキーキャラクターコード)です。

USアスキーキャラクターコードで「書かれた」インターネットのデータを日本で読むためには、日本語のための文字コード、つまり「数値に置き換えられた日本語文字」を開発する必要があります。

英語を日本語に翻訳する際に、言葉を考え違いして誤訳する場合がありますが、コンピューターの世界でも同様のことが生じます。

コンピューターの「誤訳」が文字化けとして表れてしまいます。

日本語のための文字コードは3種類ありますが、文字化けが生じるのはその中の2つです。

日本語(Shift JIS)コード

最初に紹介する文字化けが生じやすい日本語のための文字コードは、「Shift JISコード」です。

Shift JISコードで文字化けが起こるのは、電子メールの送受信です。

多くのメールソフトは、別の文字コード「JISコード」用いています。

それで電子メールをJISコードに変換する際に、文字化けが起きることがあります。

EUC

次に紹介する、文字化けが生じやすい、日本語のための文字コードは、「EUC」です。

EUCは「Extended UNIX Code」の略語で、ミニコンピューターのオペレーティングシステム「UNIX」上で日本語、中国語、朝鮮語を扱うために開発された文字コードです。

日本語の文字を扱ったものは「EUC-JP」と呼ばれます。

EUCは、日本語だけでなく、中国語や朝鮮語も扱っているため扱う文字の数が多く、文字化けを起こしやすい文字コードと言われています。

文字化けが起こると、半角のカタカナが表れます。

【iPhone】Safariで文字化けするその他の原因

iPhoneのSafariで文字化けが生じる主な原因は、アメリカで開発されたラテン語のコードを、日本語の文字コードに置き換えたときに「誤訳」が生じるためであることを紹介しました。

しかし、文字化けが起こる原因はそれだけではありません。

サーバーが日本語に非対応

Safariでネットを閲覧していて文字化けが起こる原因には、Webサーバーが日本語に対応していないことも挙げられます。

Webサーバーは、SafariなどのWebブラウザからのリクエストを受け取り、文字や画像を表示する働きをします。

現在、最も有名なWebサーバーは、「Apache」「Nginx」「IIS」の3つです。

日本では主に「Apache」が利用されますが、国外では「Nginx」が広く利用されています。

そのため「Nginx」をWebサーバーとするソースにアクセスすると、日本語に対応していないため文字化けが起こります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。