『かわいい』が生まれる場所。

【LINE】LINEの矢印マークの意味は?出る原因と対処法も!

【LINE】LINEの矢印マークの意味は?出る原因と対処法も!

LINEのメッセージ画面では、メッセージ横に矢印マークが表示されることがあります。

この矢印は何を意味しているのでしょうか?

今回の記事では、この矢印マークの意味や原因、そして対処法を詳しく紹介します!

【LINEメッセージ送信時に出る矢印マークの意味

「LINEを送ったのに返事が来ない」

そんな時にLINEを改めて確認したら、たまに矢印のようなマークが自分の送ったトークの横に出てくることはありませんか?

「あれ?これちゃんと相手に送れているのかな?」と思って、開き直してみるとしっかり送信出来ていた、なんてことも頻繁にあります。

毎日当たり前のように使用しているLINEアプリだからこそ、ちょっとしたことで不安になるものです。

一体この矢印はなんの意味を持つのでしょうか。

矢印は「未送信」や「送信中」の意味

矢印のマークの意味、考えたことある人いませんか?

あまり頻繁に続くと送りたいメッセージが送れていないようで、焦ってきます。

実は、知っている人もいるかも知れませんが、トークの横に表示される矢印は「未送信」「送信中」「送信に失敗している場合」と3つに分かれます。

送信できない状態が続くとマークが変わる

一定時間経っても送信が達成しない時には、矢印のアイコンが違った形でお知らせしてくれることもあります。

これもLINEのアプリを開いた時に初めて見て分かることです。

最初の矢印の画面

上矢印

変わって表示された矢印の画面

ぐるぐる矢印

矢印がついたメッセージは相手からどう見える?

気になるのが、自分の入力したメッセージが相手に届いているかどうかです。

せっかく送ったけど、なかなか既読にならないし、矢印のせいなのかと考えてしまいます。

そして、どこまで相手に届いているのか気になりますよね。

どの時点で相手に送られているのかも、気になるところです。

結局、矢印マークは「未送信」の状態でしか出てこないので、矢印がついたままだと送れていない状況になります。

自分の画面に矢印が表示されなくなれば、相手がメッセージを読んだ時に既読の文字が出てくるでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。